岡山県自然保護センター トップページへ(指定管理者(財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

友の会の活動 2017年度

タンチョウフェスタに出店しました

10月29日(日) 9:30~15:30

台風が近づくという予報で、予定されていたタンチョウフェスタは会場を2つの場所に分けて開催される運びになりました。センターでは、タンチョウ命名式、音楽ライブ、恐竜くんトークライブなどが行われ、雨の中にも関わらず、大勢の人でにぎわいました。友の会でも、センター棟の中で、タンチョウぜんざいとコーヒーの販売、無料クラフトコーナーを開設し、沢山の人に楽しんでいただき、お祭りを盛り上げることができました。お手伝いくださいました、幹事有志の皆さん、ありがとうございました。

活動風景写真

  • 1
    1.雨にもかかわらず、大勢の来場者があった。
  • 2
    2.玄関近くに友の会のお店を開店。タンチョウぜんざいとコーヒーの販売を行った。
  • 3
    3. 無料の友の会のクラフトコーナーで、小枝やどんぐりの小物つくりを楽しむ子どもたち。
  • 4
    4.友の会の前のブースでは、ジビエの試食コーナーを開設。美味しさにびっくり。
  • 5
    5.タンチョウ命名式の記念撮影。「ワケタン」と命名された。
  • 6
    6.ライブコンサートは展示棟で行われた。音楽とセンターの雰囲気がベストマッチ。

現地集合観察会「長島愛生園の歴史と長島の自然」

10月15日(日) 9:30~15:00

一日中小雨の降る、あいにくの天気でしたが、無時観察会を行うことができました。午前中は歴史館の学芸員さんから、室内の展示資料を見ながら国立療養所の歴史やハンセン病についてのお話を聞き、野外の史跡もご案内いただくなど、個人で見学しただけでは気が付かない、多くの貴重なお話を伺うことができました。愛生園に入所された方たちが受けてきた、病気に対する偏見、長い年月の人権回復の苦難を知るにつけ、私たちが正しい情報を知り、伝えることが重要だと強く感じました。午後からは自然観察を行い、島の東を歩きました。断崖に成立したウバメガシの純林はとても立派なものでした。

活動風景写真

  • 1
    1.長島のジオラマの前で、学芸員さんの説明を聞く。この模型も入所者の方が作られたそう。
  • 2
    2.歴史館(旧事務本館)から史跡見学に出発する傘の花。
  • 3
    3. 収容桟橋跡。入所者はこの場所が社会や家族との別れの場所となった。対岸に見えるのは大平山。
  • 4
    4.収容所跡。桟橋から上陸後、まずこの建物で身体検査や消毒風呂入浴、持ち物消毒などがなされた後に収容された。
  • 5
    5.断崖に生育した立派なウバメガシ林もあった。
  • 6
    6.海岸にしか生育しない貴重な植物の観察中。

夏休みの宿題を応援するよ!「タンチョウ写生大会とクラフト」

8月6日(日) 9:00~15:00

夏定番の友の会恒例行事となった「タンチョウ写生大会とクラフト」が行われました。例年よりも多い50名近くの参加者で終日にぎわいました。真夏日の暑い一日でしたが、木陰の下で写生をし、午後からは涼しい室内でクラフト、最後にスイカの早食い競争など盛りだくさんの内容でした。センターには初めて来たという人が多く、3世代での参加もあり、写生や自然素材のクラフト作りも、父母のみならずおじいちゃん、おばちゃんも一緒に楽しむ姿が見られ、アットホームな雰囲気がいっぱいでした。さらにスイカの早食い競争では、スタッフが順位をつけられないほどの接戦で、子どもたちも、また写真を写す親御さんも盛り上がりました。アンケートの記入に、「子どもの絵の宿題が終わってホッとしました、それが一番よかった」というのがあり、お父さんの本音が垣間見え、微笑ましかったです。

活動風景写真

  • 1
    1.開会式に続き、タンチョウスタッフから、スライドを使ってタンチョウの事や、今年生まれた雛のお話を聞いた。
  • 2
    2.スタッフがタンチョウを呼び寄せてくれたので、近くで見ながら写生ができた。
  • 3
    3. 今年のタンチョウはずっと近くにいて、ノリノリでモデルになってくれた。
  • 4
    4.暑いけど、熱心に写生中。
  • 5
    5.大人も子どもも、クラフトに夢中。案外大人が楽しむケースが多いかも?
  • 6
    6.さあ、スイカの早食い競争スタート。小さい子は小さいスイカをもって参戦した。

バス利用観察会 「奥播磨かかしの里・のんびりウォーキング」

6月4日(日) 8:00~18:00

さわやかですっきりとした青空が広がり、山散歩には最高の天気となり、満席のバスは一路奥播磨へ。のんびりとした山里の風景と、滝が作り出す自然の景観や自然観察を楽しみました。かかしの里は、住民と見まがうような「かかし」が随所に設置され、思わず「こんにちは」と、声をかけてしまいそうになります。沿道の川沿いに生育する満開のオオバアサガラを楽しんでいると、突然2羽のカワセミの幼鳥が現れ、しっかり観察することができました。昼食の後は鹿ヶ壺と三ヶ谷の滝を巡り、ここではオオルリが目の前に止まり、青い体を見せてくれました。植物ではバイカツツジ、アサガラ、モミ、ツガ、ウツギなどが観察できました。

活動風景写真

  • 1
    1.バスを降りて、さあ出発。
  • 2
    2.「おいでんさい」と迎えてくれた、農作業の手を休めて休憩中のかかし。
  • 3
    3. 川の中の竹に止まったカワセミの幼鳥。
  • 4
    4.鹿ヶ壺の滝沿いを登る参加者。
  • 5
    5.池に張り出た枝には、モリアオガエルの卵塊も見ることができた。
  • 6
    6.三ヶ谷の滝が今日の最後の観察地。

自主活動「春のタカ渡り観察に再トライ!」

5月20日(土) 9:30~12:00

繁殖のため、春に渡ってくるハチクマを観察する、自主活動の「春のタカの渡り」の2回目が実施されました。夜半の雨は開始直前に上がり、天気の回復に期待しましたが、雲が垂れ込めて、なかなか青空がのぞきません。昨日とは打って変わり、じっとしていると肌寒いくらいです。講師の齊木副会長から、ハチクマはなぜ渡りをするのか?渡りのりルートは?などの説明を受けた後、西の空を眺められる位置で出現を待ちました。雲が切れ始めたのは終了間近になってから。ハチクマが一羽上空を通過、雲の中に入ったり現れたり、しばし双眼鏡で追うことができました。その後、もう一羽のハチクマが現れ、これは方向が違い、齋木さんのお話では、このあたりに営巣場所をさがしている個体かも?とのこと。待機している間には、渡りをしているブッポウソウや、ハリオアマツバメなども見ることができ、齋木さんの詳しい説明に参加者は満足げでした。企画してくださいました齊木さんに、お礼申しあげます。写真3、4、5は参加者の佐桑さんからいただきました。

活動風景写真

  • 1
    1.開会式に続き、ハチクマについて資料を見ながら学習。
  • 2
    2.西の空が見えるところでハチクマの出現を待つ。
  • 3
    3.なかなか雲が切れないなか空を見続ける。
  • 4
    4.現れました!旋回して徐々に上昇し、見えなくなってしまった。
  • 5
    5.更にもう一羽ハチクマが、こちらは進んでいく方向が違った。
  • 6
    6.時間はたっぷりあるので、図鑑を見ながら詳しい説明も聞けた。

総会・観察会・演奏会

平成29年4月9日(日) 10:30~15:30

平成29年度友の会総会行事が開催されました

  • 総 会 10:30~11:30 28年度事業報告・決算報告・監査報告 29年度事業計画(案)・予算(案)・役員改選
  • 観察会 動植物の観察
  • 演奏会 14:30~15:30 「山陽リコーダーアンサンブル」の皆さん

今年は春の訪れが遅いと感じていましたが、総会前日に大池沿いのソメイヨシノやヤマザクラが一気に満開となりました。
10時半からの総会では、県自然環境課からのご出席もいただき、平成28年度事業報告、決算報告、監査報告、平成29年度事業計画(案)、予算(案)、役員改選等、議案通り承認され、29年度のスタートを切りました。友の会の会員増に向けての取り組みについても、活発に意見交換が行われました。
観察会は、幹事の皆さんが得意分野を発揮して観察会が進みました。コバノミツバツツジが咲き始めた歩道を、スミレの仲間やタンポポの仲間などを見分けながら、ウグイス、センダイムシクイなど野鳥の声に耳を傾け、のんびりと散策しました。
今年は演奏会を計画し、友の会会員のお一人がリーダーをされている、「山陽リコーダーアンサンブル」の皆さんによる、癒しのハーモニーを楽しみました。会場をセンター棟のホールにしたため、来場者の方も楽しむ姿が見られました。

活動風景写真

  • 1
    総会風景。議事が承認され29年度のスタートを切った。
  • 2
    センダイムシクイのさえずりに足を止めて、姿を探す。
  • 3
    咲き始めたコバノミツバツツジ。これから見ごろを迎えそう。
  • 4
    あちこちで、観察対象が異なる小グループでの観察が行われた。
  • 5
    センター棟のホールを会場に「山陽リコーダーアンサンブル」の皆さんの演奏会が行われた。
  • 6
    癒しの音色はセンターの自然にも良く似合い、優しい時間が流れた。
このページの先頭へ