岡山県自然保護センター トップページへ(指定管理者(財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

友の会の活動 2014年度

現地集合観察会  「三徳園と新庄山の自然」

平成27年1月18日(日) 10:00~14:30

友の会26年度行事の最後の観察会「三徳園と新庄山の自然」が岡山市竹原で行われました。風もなく一日中晴れ間がひろがる穏やかな天気のなか過ごすことができました。三徳園で野鳥観察をした後、新庄山登山口から三徳園に帰着する、周遊コースを歩きました。今日の観察会では、幹事や会員さんの中で野鳥に詳しい方が多く、天気にも恵まれてとても贅沢な時間を過ごし、21種を確認しました。新庄山は標高差120mほどの登り下りながら、岩尾根歩きのようなスリルある場所や、展望が広がり市街地を見下ろせる場所もあり、植物や野鳥を観察しながらゆっくり歩を進めました。参加者は5歳の子どもさんから7回目の年男だという方まで、幅広い年代でしたが、みんな元気に帰着しました。

活動風景写真

  • 1
    1.開会式の後、三徳園の中をゆっくり探鳥開始。風もなく、青空の広がる絶好の散策日和。
  • 2
    2. 藪の中に「ルリビタキ」発見。そっとそっと近寄って……でも、とにかくよく動く。
  • 3
    3.うまく姿をキャッチ。ルリビタキ若雄かな?雌かな?見分けが難しいね。
    撮影:田中啓夫氏
  • 4
    4.樹木が途切れて、展望が開けた。
  • 5
    5.新庄山山頂にある石鉄神社に到着。
  • 6
    6.新庄山の反対側登山口に下山。急な坂道だったね。みんな無事下山でホッ!

現地集合観察会  「大多府島の自然と歴史」

11月2日(日) 10:00~15:00

天気予報は曇りのち雨、集合場所に急ぐ道中は時折小雨。しかし大多府島の散策ではうす日も差して、暑からず寒からず最高のお天気になりました。日生港から約30分で大多府島に到着。島は歩いて一周できるほどの大きさですが、歴史を感じさせる史跡が多く点在し、浸食作用による美しい海岸線が魅力です。滞在時間は少し短めでしたが、往復の船からの日生諸島の風景や、史跡を巡る起伏に富んだハイキングコース、動植物観察などが手軽に楽しめ、参加した皆さんからは「いい島ですね」と好評でした。

活動風景写真

  • 1
    1.大多府島にわたるフェリーが接岸。
  • 2
    2.復元された灯篭堂。明治初年まで、沖行く船を見守っていた海の番人を見上げる。
  • 3
    3.小豆島が目前に見える展望場所。島に立つ大観音も見えていた。
  • 4
    4.歩道沿いの随所で見られたツワブキの花。晩秋を彩る海岸植物の定番。
  • 5
    5.島の南端にある勘三郎洞窟。急な崖を下り、波飛沫のかかる歩道はスリルも味わえる。
  • 6
    6.集落の中にある六角井戸。島民の生活水や寄港船の飲料水として利用し、干ばつにも枯れたことがないそう。

「タンチョウフェスタ」 に友の会も出店しました

10月26日(日) 9:30~14:00

秋の恒例行事となった「タンチョウフェスタ」が、今年も自然保護センターを会場に開催されました。抜けるように高く澄みきった青空の下、丸太引き競争や大道芸、クイズラリー、もち投げなど、イベントも盛りだくさんで、終日大勢の来場者でにぎわいました。友の会では、タンチョウぜんざいとコーヒーの販売、そして無料クラフトコーナーを幹事の皆さんで出店し、たくさんの方々に利用していただきました。また、大池の上空を散策する、タンチョウの優雅な姿にも、大きな歓声が上がっていました。

活動風景写真

  • 1
    1.好評の「タンチョウぜんざい」は、毎年楽しみに来てくれる人も。
  • 2
    2.お店側から、お客さんの入りを見ると…ベンチでくつろぐ大勢の人の姿が。
  • 3
    3.クラフトコーナーも大繁盛。子供も昔子供も、みんな夢中になって…
  • 4
    4.息もぴったりのタンチョウの優雅な散策姿。4.5.6.の写真はすべて遠藤氏。
  • 5
    5.土手に並んだテントの上空を飛ぶタンチョウと、大勢のギャラリーの列。
  • 6
    6.帰りに低空飛行を見せた二羽と、それを見上げて鳴く大池のタンチョウ。

「タカの渡り観察会」 

9月23日(火・祝) 9:30~12:00

自然保護センターの大池の土手に集まり、秋の空で繰り広げられるタカ類の渡りを観察しました。天気は上々、受付け開始前に、低空をハチクマが飛んだということで、大いに期待が持てました。講師の 遠藤副会長と、斉木会員からタカの渡りについて説明があった後、それぞれ好きな場所に陣取っての観察が始まりました。観察を始めてすぐに、だれかの「あっ、いた!」の声。双眼鏡で見ていると、どんどん数が増えてきて、やがて旋回が始まり、高く昇った後、西方向へと流れていきました。何度かこのようなことが繰り返されるのを観察することができ、ハチクマ4543羽、サシバ5羽、ノスリ3羽が確認できました。講師をしてくださった、遠藤、斉木両氏に篤くお礼申します。 斉木氏からハチクマの記録間違いについてご指摘いただきました。45羽から43羽に修正してお詫びいたします(11月27日修正)。

活動風景写真

  • 1
    1.開会式の後、資料を見ながら、講師から説明を聞くようす。
  • 2
    2.大池の土手で、渡りを観察している風景。
  • 3
    3.どこからともなく次々現れてきて旋回を始めたタカを、双眼鏡で追う。
  • 4
    4.空を舞うハチクマ。渡りの多くは、このハチクマだった。
  • 5
    5.最後に、鳥合わせで羽数を確認。ちょっと遠かったけど、たくさん見られてよかったね。
  • 6

夏休みの宿題を応援します!「タンチョウ写生大会とクラフト」 

8月3日(日) 9:00~15:00

夜から続く雨は朝になってもやむ気配はなく、この会始まって以来の悪天候の中の開催となりました。少しでも雨が避けられるようにテントを設営し、子どもたちにはこの中で写生をしてもらいました。まずタンチョウ飼育担当のお兄さんから、9年ぶりに生まれたタンチョウの雛「ナイン」の紹介や、タンチョウの不思議をいっぱい教えてもらい、その後で思い思いに写生をしました。午後は室内で自然素材のフォトフレーム作りを行いました。恒例のスイカ の早食い競争をするころには雨も小降りになり、よーいドンの号令で、果敢にスイカに挑んでいました。雨にもかかわらず参加してくださった皆さんからは好評で、楽しい一日が過ごせたという感想をいただきました。

活動風景写真

  • 1
    1.タンチョウの羽の模型を持たせてもらい、羽ばたきを体験する子どもたち。
  • 2
    2.今年生まれの「ナイン」(左)も2か月でこんなに大きくなりました。
  • 3
    3.テントの中で写生をする子どもたち。足下には蚊取り線香も置かれています。
  • 4
    4.クラフト風景。工夫を凝らしてセンス良く、大人も子どもも夢中になって…
  • 5
    5.一列に並んでスイカ早食い競争のスタート。ダークホースは誰だ?
  • 6
    6.最後に各自の作品を紹介。素敵な作品がいっぱいで、楽しみながら宿題ができたようです。

バス利用観察会 「もみのき森林公園 -ハルリンドウと小室井山散策-」 

5月18日(日) 7:40~19:00

曇りだと開花しないリンドウの仲間の観察にはどうしても晴れてほしい・・・・願いが通じて、天気は快晴!広島県東部までの長い車中は、自然好きな会員さんたちの情報交換の場となり、会話がはずんでいました。 期待したハルリンドウは、スキー場の斜面に満開で群生。芝生が薄紫色に霞んだように見えるほどで、詳細な観察や写真撮影など、それぞれの観察スタイルで堪能しました。林下の地上ではフデリンドウが開花しており、両方を比較して観察することができました。モミ林やブナ林の動植物を観察しながら、小室井山の山裾を周遊し、思いがけず貴重な植物に遭遇するなど、楽しい観察会となりました。

活動風景写真

  • 1
    1.ハルリンドウ咲くスキー場斜面。小さな花をしゃがんで観察。
  • 2
    2.快晴で満開になったハルリンドウ。
  • 3
    3.林下でフデリンドウの観察。生育地の違いが明らか。
  • 4
    4.動物に詳しい方から、ムササビの穴(多数の楕円の穴)と教わった。
  • 5
    5.鳴き声をたよりに探していたら、やっと遠くの枝先にカッコウ発見。
  • 6
    6.もみのき荘の前に集まり、全員で記念写真。

観察会・総会・演奏会

平成26年4月6日(日) 10:00~15:40

平成26年度友の会総会行事が開催されました。

  • 観察会 10:00~12:00 「タンポポ調査西日本2015」調査説明会
  • 総 会 13:00~13:40 25年度事業報告・決算報告・監査報告 26年度事業計画(案)・予算(案) 
  • 演奏会 14:50~15:40 パンフルート演奏会  奏者:今井 勉氏

友の会総会行事が4月6日に行われました。
午前中は、「タンポポ調査2015」についての調査説明会を兼ねた、たんぽぽ観察会がありました。この調査には友の会も参加団体として取り組みます。桜が一気に開花した先日までの暖かさはどこへやら、たんぽぽも閉じたまま、冷たい風と霰まで降ってきて、途中で室内講義となりました。
総会では、県自然環境課からのご出席をいただき、平成25年度の事業報告、決算報告、平成26度事業計画(案)、予算(案)が議案通り承認され、26年度のスタートを切りました。
続いて行われた演奏会は、パンフルートという素朴な楽器を演奏される今井勉氏をお迎えして素敵な癒しの時間を過ごすことができました。オペラにも出演されるという今井氏の声量のあるバリトンの歌声も聞かせていただきました。またパンフルートの演奏に合わせて、会場の皆が合唱する場面もあり、本当にほのぼのとした時間を過ごせ、参加した方々には大変好評でした。

活動風景写真

  • 1
    タンポポ調査2015の調査説明風景。
  • 2
    タンポポを前に、どの部分を観察し、どこに記入するのか調査票への記入方法を確認。寒い・・・
  • 3
    総会の様子。粛々と審議されました。
  • 4
    総会と演奏会の合間の休憩時間には、こんな光景も。竹とんぼの飛ばし方を教えてもらう子供。
  • 5
    今井勉氏による演奏会。パンフルートの音色はセンターの自然によくマッチ。
  • 6
    パンフルートの音色プラス、時に太鼓や歌声なども入り、素敵な時間が過ごせました。
このページの先頭へ