岡山県自然保護センター トップページへ(指定管理者(財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

友の会の活動 2012年度

自主活動「そば打ち」

3月24日(日)  10:00~13:30

2年の休止を挟んだ再開でした。センターでソバの出来がよかった年にしか計画できない、100%自家生産のそば粉です。参加された方の中にはこの日を待ちわびていた方も居られたようです。
まず講師の林先生の打ち方を見学しながら、手順を覚えます。先生は水の入れ方や、こね方、手触り、麺棒の使い方、包丁の入れ方など細かく指導されながら、鮮やかな手つきであっという間に麺が打ち上がりました。
各グループに分かれて、いよいよ「そば打ち」の始まりです。初めての人同士でもすぐに打ち解けて、和気あいあいと進行しました。
打ちたてを大釜でゆでて、試食。自分が打ったそばの味は、また格別だったことと思います。
講師の林先生、加治谷先生、石原先生、丁寧なご指導をいただきありがとうございました。

活動風景写真

  • 1
    1. 林先生の手元をじっと見つめる参加者。先生の実演を見学しながら手順を覚える。
  • 2
    2. さあ、班に分かれて「そば打ち」体験、開始!
  • 3
    3. 麺棒で薄く四角く延ばしていく。端が割れないように加減しながら・・・その調子!
  • 4
    4. 生地を折りたたみ、細く切る。麺の出来栄えがここで決まるが、なかなか難しい。
  • 5
    5. 大きな釜でゆで上げる。ゆであがったらすぐに冷水に放して麺を締める。
  • 6
    6. さあ、自分で打ったそばのお味はいかがですか?家でやってみてね。

現地集合観察会「笠岡湾干拓地の野鳥観察」

1月20日(日)  9:30~12:00

昨年に続き、冬の行事として笠岡湾干拓地での野鳥観察会が行われました。広大な干拓地は、冬季の野鳥観察地として知られ、大勢のバードウオッチャーが訪れます。友の会の鳥好き会員も遠藤副会長、上西会長を講師に半日を過ごしました。午前中は風もなく穏やかで野鳥観察にはぴったり・・・ただ、もう少し日が差せば水鳥の羽の色がもっときれいに見えたかもしれませんが。昨年大行列になってしまった反省で、今回は車に乗り合わせてコンパクトに動きました。期待した猛禽類との出会いは少なかったですが、それでも40種の野鳥に出会うことができました。

活動風景写真

  • 1
    1. 集合場所の駐車場で開会式。その後8台の車に分乗して動くことに。
  • 2
    2. まず新笠岡港へ。車を降りるとすぐにウソの声。声は聞こえども姿は見えず・・・いずこ?
  • 3
    3. 港内を泳ぐウミアイサを探す。対岸近くに、いたっ!の声。でも、遠いよお…
    写真:遠藤隆夫氏
  • 4
    4. 遊水地を眺められる野鳥観察小屋。水鳥がたくさん…さあ、識別に挑戦!
  • 5
    5. いくら見ていても見飽きないけど、朝の集合場所まで探鳥しつつ帰ります。
  • 6
    6. 集合・解散場所となった駐車場で、シメがお出迎え。
    写真:遠藤隆夫氏

「佐伯タンチョウフェスタ」に友の会も出店

11月4日(日)  10:00~14:00

秋の恒例行事として定着した「佐伯タンチョウフェスタ」が開催され、さわやかな秋晴れに誘われて、多くの来場者でにぎわいました。
友の会も幹事の皆さんによって、玄関前でクラフトコーナーを、裏のテラスでは丹頂ぜんざいやコーヒー、焼きむすび等の販売を行い、多くの皆さんに利用していただきました。
センター上空を優雅に飛ぶタンチョウの飛翔も、今年はことのほか長い時間その舞を見せてくれ、大きな歓声と拍手が起こりました。
自然保護センターでは、11月中を20周年記念月間として各種催しが予定されており、また園内の紅葉もこれから見頃を迎えます。

活動風景写真

  • 1
    1. 裏のテラスで丹頂ぜんざいやコーヒーなどのお店を出店。販売に精を出す友の会幹事さん。
  • 2
    2. テラスの前は大勢の人でにぎわった。
  • 3
    3. 池の土手に作られたテントの上を飛ぶ二羽のタンチョウ。低空飛行を見せてくれた。
  • 4
    4. 玄関前ではクラフトのコーナーを設置。クラフトの得意な幹事さんが子供たちを指導。
  • 5
    5. どんぐりごま、竹とんぼ、竹笛、紙鉄砲などにみんな夢中。子供も大人も楽しいね。
  • 6
    6. 竹とんぼは上手に飛ぶかな?親子で息を合わせて、それっ!

「きのこ観察会」

10月21日(日) 10:00~15:00

友の会秋の観察会として恒例となった「きのこ観察会」が開催されました。
9月から10月にかけて、少雨高温が続き、きのこの発生は見込めないまま観察会当日となりました。例年より少ない参加者数だったため、2コースに分かれて採集に出かけましたが、大勢の目で探せば、勉強には不自由しないくらい集まりました。お昼にはキビ入りのオムスビと、きのこ汁の中のきのこを観察し、目と舌で楽しむこともできました。
午後からは採集されたきのこを仲間分けしてテーブルに並べ、食毒や、見分け方について講師の先生から教えていただきました。食用きのこではエノキタケや、ウスヒラタケ、ハツタケなどが、有毒ではテングタケの仲間やオオシロカラカサタケなどがありました。属までのきのこを含め、分類されたきのこは69種でした。

活動風景写真

  • 1
    1.きのこの採集風景。地面、枯れ木、植え込みの下などのきのこの生えそうな場所を探して歩く。
  • 2
    2.キビ入りのムスビと、きのこ汁。中身はアミタケ、ハツタケ、ウスヒラタケ、サクラシメジ、マイタケ(ホダ木栽培)等、おいしぃ~。
  • 3
    3.同定会風景。講師の先生から見分け方を熱心に聞く参加者。
  • 4
    4.仲間分けして並べられたきのこ。今年はぐんと少ない。
  • 5
    5.腐食土から発生したオオシロカラカサタケ。有毒。
  • 6
    6.キツネノエフデのタマゴを割って並べてみました。中はこんなになってるんだ~。

現地集合観察会  「大和山(おおわさん)ハイキング」

10月7日(日) 10:00~15:00

吉備中央町「道の駅かよう」から、北西の山の頂きに目をやると、山頂に大きな雨量観測装置のレーダーが見える山、それが大和山です。
山頂までは車道が通じていますが、道の駅から遊歩道を歩いて山頂に向いました。「ことわざの道」として整備された遊歩道沿いはいろいろな「ことわざ」が掲げられ、一つ一つ読みながら歩くのも趣があります。途中、古和田城跡や三笠園にも立ち寄り、ホオノキ、アベマキ、タムシバ、ハリギリ、ヤマナラシ、ヨツバハギ、ツルリンドウなど秋の花や樹木を観察しながら、ゆっくりと山頂に向かいました。
昼食の後山頂を散策し、干ばつの時でも水が枯れないという「龍王の泉」と三角点を確認しました。
帰路は車道を歩き、ゼンマイやワラビの成長した姿に驚いた人や、オシドリの群れに出会えた人など、ゆるゆると観察しながら帰りました。途中で通り雨がサッと来て、久々に虹を眺めながら歩く場面もありました。
岡崎嘉平太さんがこよなく愛したといわれる郷土の山、大和山を楽しみました。

活動風景写真

  • 1
    遊歩道「ことわざの道」を進む。途中でホオノキ、アベマキ、タムシバなどを観察。
  • 2
    古和田城跡に立ち寄る。本丸跡の石垣はしっかり残っているが、展望は残念。
  • 3
    山頂で記念撮影。いい笑顔がはじけてます。
  • 4
    山頂にある「龍王の泉」に不思議がる参加者。なんで山頂から水が?
  • 5
    帰路は車道をのんびり歩く。背中に開放感が滲む?
  • 6
    通り雨の後、虹が出た。写真の丁度真ん中あたりですが…

自主企画  「秋のタカの渡り観察会」

9月22日(土) 9:00~12:00

友の会会員が企画・実施する、秋の恒例行事となった「秋のタカの渡り観察会」が赤磐市の石蓮寺みんなの森で行われました。
この季節には高い空を集団で渡る、タカ類の姿がみられるのですが、天気や気流に左右されることも多く、この日も「タカよ飛んでくれ」と願うばかりでした。
石蓮寺みんなの森で、本日の企画者である、遠藤副会長と講師の斎木さんに、渡りについてのお話を聞き、早速みんなで秋の空を見上げました。待つこと少しでハチクマが現れ、一斉に双眼鏡やカメラで姿を追います。タカの動きがない間は、用意したビデオでハチクマの生態を学びました。
今回の観察では、タカ柱ができるほどの渡りには出会えませんでしたが、それでもタカ類の姿を追うことの楽しさやわくわく感を体験できました。
企画していただいた講師の斎木さん、遠藤副会長にお礼申し上げます。
確認できた種:サシバ7、ハチクマ3、ノスリ2、アマツバメとハリオアマツバメ(数不詳)

活動風景写真

  • 1
    はじめに、講師の方からタカ類の渡りについてのお話を聞く。
  • 2
    最初に現れたのは、ハチクマ。一斉に点のようなハチクマを探します。
  • 3
    高い空を舞うハチクマの姿。
  • 4
    次々に、とはいきません。根気よく空を見続けます。
  • 5
    飛ばない時間を使って、ビデオでハチクマの生態を学習中(車の中にテレビ)。
  • 6
    また現れました。一斉に視線が集中します。みんなが観察する様子を写す私にはタカが見れません(涙)。

友の会が夏休みの宿題を応援します!
  「タンチョウ写生大会とクラフト」

8月5日(日) 9:00~15:00

夏休みの子供たちを対象にした「タンチョウ写生大会」は、今年も多くの子供たちの参加でにぎわいました。夏休みの恒例行事として、毎年参加してくれるリピーターもあり、夏休みの宿題を片付けながら、手軽に親子のふれあいができるところがいいのではないかと思います。
最初にタンチョウの飼育担当者からタンチョウについてのお話を聞き、それぞれに木陰を見つけて写生に取り組みました。当日は、日頃忙しいお父さんや、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に、絵を書く風景も見られました。
午後は室内でマツボックリやノグルミなどの木の実、タネ、小枝など、自然の素材を使ったクラフトを作りました。たくさんの自然素材を前にして、目を輝かせて材料を選ぶ子供の目は真剣そのもの、お父さんやおじいちゃんが、思わず制作にのめりこむ姿もいつもの風景で、制作時間の一時間半はあっという間に過ぎました。
最後に子供たちは玄関前に並び、スイカの早食い競争に挑戦です。半月に切ったスイカを手に「よーい、どん」の掛け声で、顔より大きいスイカをガブリ!!その様子を撮影しようとするお母さんも必死です。
暑い一日でしたが、夏休みの宿題も工作もでき、また親子のふれあいのひと時も過していただけたのではないかと思います。

活動風景写真

  • 1
    絵を書く前に、タンチョウの飼育のお兄さんからタンチョウについてのお話を聞く。
  • 2
    木陰を選び、思い思いにタンチョウの写生に取り組む。
  • 3
    午後には自然素材を使ったクラフト作り。子供も大人も夢中です。
  • 4
    真剣なまなざし。何が作れたかな?
  • 5
    スイカの早食い競争。小さな子もがんばっています。
  • 6
    顔から両側にスイカがはみ出ているよ。大きく開けた口でガブッ!ガブッツ!

泊観察会  「三瓶山と石見銀山の自然・歴史・文化にふれる旅」

平成24年6月9日(土)~10日(日) 一泊二日

会員同士の親睦も兼ねた観察会が、島根県の三瓶山周辺で一泊二日の日程で行われました。 梅雨に入った山陰はやはり小雨模様。三瓶自然館サヒメルに到着、昼食後に野外観察を行いました。広い草原にはガスがかかって見通しは利かないものの、雰囲気は抜群。約2時間の散策を楽しみました。自然館の展示を見て、三瓶温泉の宿へ。翌早朝、自由参加のバードウオッチングではホトトギス、オオルリ、ホオジロなどを堪能。小豆原埋没林の迫力に興奮冷めやらぬまま、次は石見銀山へ。一つの時代をになった銀山の、歴史や文化を感じることができました。参加された皆さんには好評で、参加者同士のつながりも深くなった観察会でした。 三瓶自然館ではたくさんの資料をご準備いただくとともに、ボランティアさんにはフィールド案内をしていただきました、重ねて厚くお礼を申し上げます。

活動風景写真

  • 1
    三瓶では自然館のボランティアさんの案内で、霧の中の散策となった。三瓶山は山容を現さず、残念。
  • 2
    姫逃池の前で。カキツバタは終わりに近づき、ジュンサイの花が咲いていた。この後、前方に見える、樹林の小道に入った。
  • 3
    宿の前に作られた、池の周りの植木には、モリアオガエルの卵塊がたくさんついていた。
  • 4
    探鳥会の前に卵塊観察で盛り上がる。これはウツギに産み付けられていた。
  • 5
    気持ちのよい朝の空気の中、自主参加の探鳥会がスタート。
  • 6
    たっぷりと姿を見せてくれたホトトギス。上西会長がスコープを準備して下さり、はっきりと見えた。
  • 7
    小豆原埋没林の地下展示室入り口で記念撮影。
  • 8
    三瓶山の噴火によって地下に埋まった大木。圃場整備で偶然発見され、今でも生えていたときのまま立って展示されている。
  • 9
    龍源寺間歩の入り口を進む一行。石見銀山では各自自由行動で楽しんだ。

自主企画  「吉備路の春を楽しみませんか」

平成24年5月10日(木) 10:00~15:00

「吉備路の春を楽しみませんか」と題して、友の会幹事の脇本氏の案内による自主観察会が、総社市で行われました。
五月晴の空の下、総社市の河川敷に集合した後、周辺の草地に生育する植物を観察しました。たくさんの外来種で埋め尽くされたように見える中に、ひっそりとカワラヨモギに寄生するハマウツボが咲き始めていました。初めて見るという参加者も多く、その特異な姿に興味津々でした。また、岸辺では珍しいサイカチの大木を見せていただきました。開花はまだ先と見られ、固いつぼみの状態でしたが、昨年実った大きな鞘が地面にたくさん落ちていて、石鹸の代用にするには、鞘かタネかと話題になりました(ちなみに、鞘の煮汁だそうです)。
その後、車で下倉・井尻野方面に移動して、川沿いの舗装道路を歩きながらイブキシモツケ、ヤブウツギ(県の南限)、キシツツジ(分布の東限)などの貴重な植物を観察しました。時折車が通過する以外はのんびりと観察でき、平坦で歩きやすい場所でした。キシツツジは幸か不幸か、落石防止のネットに保護されて、開花していました。脇本氏のお話では、昔は180号を車で走りながら、対岸がピンクに染まる様子が見られたのだが、ツツジのブームが起きた時に一気になくなった、ということでした。
普段は何気なく通過している地域に、こんなに豊かな自然が残っていることに、参加者の皆さんも認識を新たにされたようでした。
ご案内いただいた脇本幹事にお礼申し上げます。

活動風景写真

  • 1
    河川敷での観察風景。傍目に見たら、何をしているのか、と、ちょっと不思議な風景かも…
  • 2
    ありました!今日の主役のハマウツボ。傍にはカワラヨモギが…あんただけが頼り!と言わんばかり。
  • 3
    溝に生える、ミゾコウジュの観察。なるほど溝かー、と納得の人も。
  • 4
    この木なんの木…サイカチだよ。でも、近寄るなと言わんばかりに、幹にも枝にも超鋭いトゲ!
  • 5
    時折通る車があるけど、のんびりと観察できる。
  • 6
    落石防止ネットの奥に咲く、キシツツジ。この場所よりもはるか上に、増水した時の痕跡があった。

自主企画  「水江の渡しと八幡山の春の動植物」

平成24年4月14日(日) 9:30~15:00

友の会会員が自ら企画・実施する観察会「水江の渡しと八幡山の春の動植物」が倉敷市で行われました。
朝まで降っていた雨は集合時間には上がり、幸先のよいスタートになりました。この企画の一番の目玉は、高梁川を渡し船に乗って対岸に渡り、八幡山を目指すことです。
昨夜来の雨で水かさが増した高梁川を、2往復の渡船で参加者全員が対岸に渡りました。乗船時間はあっという間ですが、風情のある光景でした。この場所にはすでに橋が掛けられる工事が進んでおり、この景色は今後どのように変わっていくのでしょうか?
八幡山への登りは急な石段でしたが、コバノミツバツツジや景色を眺めながら登りました。八幡山は新幹線や高速道路がトンネルで抜けていますが、山頂からその様子を眺めながら昼食。その後緩いアップダウンの尾根筋を通って下山。
一旦解散の後、希望者は高瀬舟を通すために作られたという「一の口水門」という運河遺跡を見学しました。
お世話いただいた上西会長、富田幹事にお礼申し上げます。

活動風景写真

  • 1
    何とも風情のある、水江の渡しの光景。定員は9人だそう。
  • 2
    満開の桜が迎えてくれましたが、桟橋の奥に見えるのは、橋をかけるための作業現場。
  • 3
    八幡山の石段を登る参加者。汗ばむような陽気になりました。
  • 4
    昼食場所からの風景。足元を新幹線が抜けていきます。鉄橋を渡ったらトンネルです。
  • 5
    尾根道をたどると、千畳岩に出ました。しばし展望を楽しみました。
  • 6
    毛一の口水門を見学。パナマ運河よりも歴史が古く、高瀬舟を通すための運河の水門跡だそうです。

観察会・総会・講演会

平成24年4月8日(日) 10:00~15:30

平成24年度友の会総会行事が開催されました。

  • 観察会 10:00~12:00
  • 総 会 13:00~13:40
  • 講演会 14:50~15:30

今年の総会が開催された4月8日は、まだソメイヨシノもつぼみのまま、やっとスミレの仲間が咲き始めた、いつもより随分遅めの春でした。午前中の観察会は、ムギマキが渡りの途中に立ち寄っているのが確認されていたため、野鳥をメインに行うことになりました。ニオイタチツボスミレやタムシバなどの花、成虫で越冬していた蝶や甲虫などを観察しながら歩きました。お目当てのムギマキには出会えませんでしたが、ウグイス、センダイムシクイ、メジロなどの声や姿を楽しみ、野鳥は18種が確認されました。
総会では、県自然環境課からのご出席をいただき、平成23年度の事業報告、決算報告、平成24年度事業計画(案)、予算(案)が議案通り承認され、24年度のスタートを切りました。
続いて行われた講演会は、彫刻家の西平孝史氏が「~形態観察から造形ができるまで~タンチョウを例に」と題して、形態観察を通して自らが見つけられた体の構造を、氏の作品やタンチョウの実物の羽を使って楽しく話してくださいました。
西平氏からは、自らが作成された、だれでも大きさを実感できる実物大のタンチョウの作品を、自然保護センターに寄贈いただきました。

活動風景写真

  • 1
    観察会は、渡りの途中のムギマキがいるとの情報で、探してみようということになりました。
  • 2
    早朝に確認した人がいたことから、大勢の目で探したのですが…この時は現れず残念。
  • 3
    最後の鳥合わせの様子。観察会では18種が確認されました。
  • 4
    講演会は彫刻家の西平孝史氏に、自身の作品のタンチョウの実物大模型や翼のスケッチ、実物の羽などを見ながら、お話をしていただきました。
  • 5
    まず形態観察から入る西平氏の作品には、しっかりした科学的な裏づけがあり、それを面白く分かりやすく語っていただきました。
このページの先頭へ