岡山県自然保護センター トップページへ(指定管理者(財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

友の会の活動 2011年度

「笠岡湾干拓地の野鳥観察」

平成24年1月15日(日) 9:30~12:00

冬鳥の越冬地として知られる、笠岡湾干拓地で野鳥観察会を行いました。曇天でしたが、その分寒さは和らぎ、しのぎやすい観察会となりました。
家族連れを含む33名の参加があり、車で移動しながら観察を行いました。干拓地内の耕作地や草地では、たくさんのタゲリやミヤマガラス、上空を飛ぶヒバリ、カラスにモビングされるハイイロチュウヒなどを見ました。ヨシ原ではオオジュリンやセッカなどを見つけることができました。最終目的地とした遊水池では、野鳥観察小屋からたくさんの水鳥を観察しました。ツクシガモ、ハシビロガモ、マガモ、ミコアイサ、キンクロハジロ、カイツブリの集団など、ゆっくりとフィールドスコープの中の野鳥を楽しむことができました。
この冬はどこに行っても、鳥が少ない、という話を聞きます。ここ笠岡湾干拓地でも、例年より随分少ないそうですが、取り合わせでは41種を数えることができました。ただ、期待していたホシムクドリを見ることはできず残念でしたが、野鳥観察に長けた会員さんが多く参加されていたので、お互いに教えあう光景が見られ、和気あいあいとした観察会になりました。

活動風景写真

  • 1
    太陽の広場で開会式。
  • 2
    長い車列となった。耕作地のタゲリを観察。
  • 3
    冠羽を立ててお洒落な貴公子のタゲリ。
    撮影:上西庸雄
  • 4
    枝に止まったチュウヒ。
    撮影:上西庸雄
  • 4
    遊水池の野鳥観察小屋から、水鳥の観察。
  • 4
    最後の鳥あわせ風景。41種の野鳥を確認。
    撮影:上西庸雄

「きのこ観察会」

平成23年10月16日(日)10:00~15:00

毎年この時期に行われる恒例行事、きのこの観察会が今年も実施されました。
今年は9月に入ってから、夏のきのこが大発生。それが終わると、ぱったりときのこの発生が止まってしまいました。そろそろ秋のきのこが出る頃になっても殆んど発生せず、観察会のほんの少し前くらいから、やっとハタケシメジが少し・・・という状況でした。
前日の雨も上がり散策するには打ってつけの天気となり、午前中55名の参加者は3班に分かれて採集に入りました。果たしてきのこは集まるのかと心配していましたが、大勢の目で探した結果、色々なきのこが集まりました。昼食にはきびの入ったおむすびと、きのこ汁の試食があり、お椀の中のきのこ観察もできました。講師の柴田先生から、採集されたきのこ60種ほどに名前がつけられ、野生きのこの見分け方やきのこを食べる時の注意点などについても学習することができました。

活動風景写真

  • 1
    採集にあたっての注意事項を聞いた後、3班に分かれて採集。
  • 2昼食時にはきのこ汁のサービスも
    昼食時、地元のシルバーさんがかまどで炊いたきのこ汁に、並んで待つ参加者。
    撮影:上西庸雄
  • 3
    キビの入ったむすびときのこ汁の試食に、笑顔の子供たち・大人たち。
  • 4
    お椀の中のきのこ観察はいかがでしたか?
  • 4採ったきのこの同定作業
    きのこアドバイザーの柴田氏による同定会風景。
    撮影:上西庸雄
  • 4みんなで採った沢山のきのこ
    形や色も様々なきのこが並んだテーブル。見ているだけで楽しいね!
    撮影:上西庸雄

友の会バス利用観察会「コスモス祭りと里山体験」

平成23年10月2日(日)8:00~17:30

広島県庄原市にある「国営備北丘陵公園」を訪ねました。この日はちょうど<秋まつり>が行われ、終日多くの人でにぎわいました。
この公園は平成7年にオープンし、350haもの広大な敷地を有する全国で17施設ある国営の公園の一つです。この敷地の中央を中国縦貫道が通っており、車窓から垣間見ることができます。
当日はたくさんの催しがあり、参加者は神楽殿で行われる神楽の上演や大芝生広場のフードフェスティバル、ステージイベント、自然散策、花の広場のコスモスコレクションとホルンの演奏、里山屋敷や移築農家の見学、昔の暮らし体験やクラフトなど自由に散策をしながら楽しまれたようです。午後からは希望者と一緒に1時間半程度の自然観察会も行いました。
当日のスタッフは大勢の人出を予想し、迷子の参加者が出ないよう、大芝生広場に緑の友の会旗を立て、いつでも対応できるように控えていましたが、SOSの携帯電話が鳴ることも無く、皆さんニコニコ顔で友の会旗の下に戻ってこられました。

活動風景写真

  • 1
    今日のエリアの説明を聞きながら、友の会の本部となる場所まで全員で移動。
    撮影:遠藤隆夫
  • 2
    人出が多くなる前に、集合写真を早めに撮影。
    撮影:遠藤隆夫
  • 3
    大芝生広場に設けた友の会本部の様子。
    撮影:遠藤隆夫
  • 4
    花の広場のコスモスコレクション。桃、白、黄、橙など多彩なコスモスを楽しむことができる。
  • 4
    大芝生広場は多くの家族連れでにぎわっていた。
    撮影:上西庸雄
  • 4
    午後、希望者が参加して自然観察会も行なわれた。
    撮影:上西庸雄

友の会自主企画「秋のタカの渡り観察会」

平成23年9月23日(秋分の日)9:00~12:00

友の会会員が自ら企画・実施する「秋のタカの渡り観察会」が赤磐市の石蓮寺みんなの森で行われました。
昨年の企画は嵐がやってきて中止となったため、今年はそのリベンジも兼ねて計画されました。当日は台風一過の晴天が広がり、気持ちの良い秋空が広がっていました。企画者の一人である斎木さんのお話によると「台風のため渡りができずに停滞していたタカたちが、天気が回復するのを待って、今日くらいから動きそうだから期待がもてますよ」というお話でした。
石蓮寺の観察場所は、企画者の一人遠藤副会長が事前に草刈をして快適な環境を作ってくださっていました。スタンバイすると間もなく、すぅーっとタカが現れました。「ハチクマです」という声を受けて、あ、もう一羽、あ、まだいる、という声が上がり、上昇気流に乗って舞い上がるタカ柱になっていきました。上昇して一定の高さになると、一羽また一羽と流れていきます。丁度私たちのいた石蓮寺の真上を通過したハチクマを見ることができ、迫力とそのスピードに圧倒されました。
3時間の間に約30羽のハチクマを観察することができました。
下見や草刈などの事前準備、そして当日の解説と、お世話いただいた遠藤副会長と斎木氏にお礼申し上げます。

活動風景写真

  • 1
    東向きに開けた広場で、思い思いのスタイルでタカの出現を待つ。
  • 2
    北東からハチクマが現れ、徐々にタカ柱になっていった。
  • 3
    旋回するハチクマ。
    撮影:遠藤隆夫
  • 4
    上空を通過して行ったハチクマ。下から見上げると腹の模様や尾羽の模様が良く見えた。精悍でカッコいい!
    撮影:遠藤隆夫
  • 4
    斎木氏から、クマタカの特徴や、他のタカとの見分け方を説明してもらう参加者。
  • 4
    クマタカの習性を撮影したビデオも準備されており、テレビ画面を見ながら詳しく学ぶこともできた。

夏休みの宿題を応援します!「タンチョウ写生大会とクラフト」

平成23年8月7日(日) 9:00~15:00

夏休みの宿題を友の会が応援しました。
「宿題を済ませながら親子で楽しむことができるのがいい」と、リピーターが少しずつ増えているのはうれしいことです。
今回も小さなお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、幅広い年齢層の参加が見られました。
特に、日頃は忙しいお父さんが子供さんと一緒に参加される姿が目立ちます。
午前中はタンチョウのお話を聞いた後、それぞれ写生に適した木陰を選んでタンチョウの写生。
午後は木の葉、枝、実などの自然素材を使ったクラフトに挑戦。子供はもちろんのことですが、案外お父さんが夢中になって楽しんでいる姿が見られました。
最後にスイカの早食い競争では、お父さん、お母さんの声援を受けながら、自分の顔より大きいスイカに挑戦していました。
暑い一日でしたが、親子のふれあいを存分に楽しんでいただけたのではないかと思います。
お疲れ様でした。

活動風景写真

  • 1
    放飼されたタンチョウを見ながら、実物の翼模型や、タンチョウの頭はなぜ赤い?など飼育の人からお話を聞きました。
  • 2
    木陰に入って写生。タンチョウの顔はどうなっているかな?動くから難しいなー。テレビや新聞社の取材も入って、ちょっと緊張の一幕も。
  • 3
    友の会幹事の可兒さんが指導されたクラフト。小さな子供さんもこんなに夢中!
  • 4
    仲良くアイデアを出し合って作品作り。親子で良いコミュニケーションの時間が過せたようです。
  • 4
    スイカの早食い競争にトライ。大きなスイカをガブッ!
  • 4
    作品の紹介。それぞれ個性あふれる作品が光っていました。

友の会 自主活動「北の吉備路でナツツバキを探してみよう」

平成23年7月16日(土) 10:00~15:00

友の会会員による自主企画の観察会「北の吉備路でナツツバキを探してみよう」が行われました。
ナツツバキは標高約350~400mの沢沿いの木立の中に点在して見られました。厳しい暑さの一日でしたが、木立の中は比較的涼しく、ナツツバキの花を求めて約6キロの行程を歩きました。
岡山県の南限となる本地域で50本以上も花をつけたナツツバキに出会うことができ、一部の場所では次世代をになう幼樹も見つかりました。北の吉備路の豊かな自然の一端を体験できた一日でした。 案内くださった友の会幹事で鬼ノ城山ビジターセンターの脇本氏にお礼申しあげます。

活動風景写真

  • 1
    舗装道路の脇にある1本目のナツツバキ。ここからスタート。
  • 2
    白い花が見た目にも涼しそう。蕾もまだたくさん残っていた。
  • 3
    特徴のある木肌を覚えると探しやすい。
  • 4
    足元に落下した花。花は一日花。今年はことのほか花付きが良い。
  • 4
    道すがら出てきた動植物にも話がはずむ。
  • 4
    きのこの種類もいっぱい見られた。

現地集合観察会  新庄村の癒し空間 「ゆりかごの小径を歩く」

平成23年6月5日(日) 9:30~13:00

友の会の現地集合観察会が新庄村で行われました。
場所はブナの原生林で有名な毛無山、その山麓に開設された森林セラピーロード「ゆりかごの小径」です。
地元の新庄村の方も数名参加され、下は2歳児から上は??歳まで老若男女27名が、せせらぎの音を聞きながらの約2kmのコースを4時間ほどかけてゆっくり歩きました。
ふかふかの腐葉土がたまった小径(所によっては木材のチップを敷いてある。もちろん地元の材)は足に優しく、アップダウンも少なく、マイナスイオンいっぱいの森林内と、それを抜けて広がる草原の両方の動植物を観察することができました。

活動風景写真

  • 1
    可憐なコケイランの花が、小径の入り口で迎えてくれた。
  • 2
    皆が手にしているのは聴診器。ブナの健康診断?諸説あるようですが、大地の鼓動としておきましょう。
  • 3
    休憩広場でしばしくつろぐ参加者。
  • 4
    4歳の男の子が見つけたヒキガエルの子供。子供といえどもこの貫禄!
  • 4
    草原に出たら、オレンジのレンゲツツジとピンクのタニウツギが圧巻でした。
  • 4
    毛無山をバックに、記念撮影。お疲れ様でした。

観察会・総会・講演会

平成23年4月10日(日) 10:00~15:30

平成23年度友の会総会行事が開催されました。

  • 観察会 10:00~12:00
  • 総 会 13:00~13:40
  • 講演会 14:50~15:30

今年の春は一進一退を繰り返し、やっと本格的な春の到来となりました。
午前中は暖かい日差しの中、咲き始めたコブシやコバノミツバツツジ、また成虫で越冬していた蝶などを観察しながらのわきあいあいとした観察会となりました。
山の中ではリスの食痕がたくさん見つかり、お気に入りの場所で松ぼっくりを食べていることが分かりました。
総会では、県自然環境課からのご出席もいただき、平成22年度の事業報告、決算報告、平成23年度事業計画(案)、予算(案)、また役員改選による新役員が選出され、新たなスタートを切りました。
講演会は、地域情報誌「オセラ」の編集顧問であり、また岡山弁の研究家として知られる青山融氏をお迎えしました。
演題は「岡山弁再発見」!
備中、備前、美作と地域によって微妙に違う方言や、エピソードに笑い転げる場面もあり、改めて「岡山弁」の奥深さを再認識できる楽しい時間となりました。

活動風景写真

  • 1
    午前中は暖かい日差しを受けながら、フィールド散策。
  • 2
    湿原から野草園の周遊コースで動植物の観察。
  • 3
    午後の総会風景。自然保護センター新所長からのご挨拶。
  • 4
    役員改選により選出された会長・副会長の挨拶。
  • 5
    続いて、選出された幹事さんの紹介。
  • 6
    青山融氏による「岡山弁再発見」の講演会では、岡山弁の奥深さを再認識。岡山弁、もっと大切にしなきゃね!
このページの先頭へ