岡山県自然保護センター トップページへ(指定管理者(財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

友の会の活動 2009年度

自主活動 「そば打ち体験・第3回」

22年1月31日(日) 10:00~13:30

今年で3回目となる自主活動の「そば打ち」が開催されました。センターの野草園で、チョウなどの密源として育てたソバを使って、ソバを打つ体験はいつも、定員をはるかに超える人気の行事です。
初めての人も、家で打った経験のある人も入り混じって、和気藹々と進行しました。講師の先生が実演をされた後、各班に分かれていよいよ開始です。手つきのいい人も、ちょっとぎこちない人も、太麺あり、細麺あり、ソバのいい香りが部屋中に漂い、各班で個性のあるソバが打ちあがりました。

活動風景写真

  • 1ソバ打ちの風景1
    講師の林先生を取り囲んで、実演に見入る参加者。
  • 2ソバ打ちの風景2
    実演で学んだ後は、各班に分かれてソバ打ちに挑戦。
  • 3ソバ打ちの風景3
    上手に伸ばせるかな?兄妹力を合わせて…
  • 4ソバ打ちの風景4
    大釜で手早くゆでる。この大釜の茹で加減が決め手!
  • 5ソバ打ちの風景5
    茹で上がったソバは、冷水でぬめりを取る。
  • 6ソバ打ちの風景6
    見事な出来上がり、美味しそうです。

カモん カモん 「阿部池の野鳥観察」

22年1月17日(日) 9:00~12:00

岡山市浦安の岡南飛行場に集合し、阿部池の土手を歩きながら、野鳥を観察しました。放射冷却で冷え込んだためか、池の湖面の半分ほどに凍結がみられました。
講師は会員の斉木さん、副会長の遠藤さんを始め、県庁のバーディングクラブの皆さんや会員の中にも野鳥が趣味の方が大勢参加され、初心者、ベテラン入り混じって楽しく開催されました。中でも、ミサゴは池の上空を何度も旋回しながら狩りをする様子を見せてくれました。 ホバリングをしながら狙いを定め、真っ直ぐに水面に飛び込む姿には歓声があがりました。
他にはオオタカ、ノスリ、ハヤブサなどの猛禽や、ヒドリガモ、キンクロハジロ、オオバンなどの水鳥、タゲリ、オオジュリン、カワラヒワなど45種を観察することができました。

活動風景写真

  • 1ソバ打ちの風景1
    開会式。オニビジョンさんと、山陽放送テレビも取材のため一緒に行動。
  • 2ソバ打ちの風景2
    土手でオオジュリンを探す参加者。動きが早くてゆっくり見ることができない。
  • 3ソバ打ちの風景3
    池の傍の木にじっと止まったまま動かないオオタカの若鳥。
  • 4ソバ打ちの風景4
    たわわに実った、土手沿いのセンダンの実をついばむムクドリ。
  • 5ソバ打ちの風景5
    第3号水門まで2時間半かかりやっと到着。児島湖に浮かぶ水鳥を観察する参加者。
  • 6ソバ打ちの風景6
    集合場所までもどり、鳥合わせを行う。天気に恵まれ、鳥を見るには絶好の日となった。
    45種の野鳥が観察でき、皆さん満足満足!

バス利用観察会 「佛通寺の紅葉とウオーキング」

11月15日(日) 8:00~18:00

友の会では、人出の多い観光地に出かけることはまれですが、今年は広島県の紅葉の名所「佛通寺と御調八幡宮」を訪れました。「一人ではなかなか行けない所なので、是非行ってみたかった」という声が多く、応募者多数のため、参加いただけなかった方も出るほどでした。

生憎の曇り空で、”日差しを浴びて輝くばかりの紅葉”とは行かなかったものの、落ち着いた色合いを楽しむことができました。古刹の伽藍と紅葉、佛通寺川の水音、滝、シリブカガシの林、シイの森など自然や、歴史を楽しんだ一日となりました。

活動風景写真

  • 1佛通寺の紅葉とウオーキング1
    黄色い備前バスを降りて準備を整え、諸注意の後スタート。ここから先は車は一方通行となる。多くの人出が見込まれ、車も多いので気をつけましょう。
  • 2佛通寺の紅葉とウオーキング2
    佛通寺川に沿って紅葉を愛でながら歩く。バスを降りて直ぐの頃はまばらだった車が、瞬く間に道路に列になり、大渋滞にびっくり。
  • 3佛通寺の紅葉とウオーキング3
    杉並木と石灯籠のバックには、カエデが色づく。
  • 4佛通寺の紅葉とウオーキング4
    風情のある屋根付きの橋を渡って、寺の境内に入る。自由散策の後、午後のスタート。
  • 5佛通寺の紅葉とウオーキング5
    バスまでの約3キロをウオーキング。途中にある「昇雲の滝」には、ウオーキング途中の滝見台から遠望する班と、滝までを往復する班に分かれて行動。滝へはシリブカガシの林を歩く。滝は前々日の雨で水量が増加して見ごたえ十分。
  • 6佛通寺の紅葉とウオーキング6
    滝つぼでは全貌が見えなかったが、滝見台からは何段にも落下する様子が見えた。
  • 7佛通寺の紅葉とウオーキング7
    御調八幡宮で記念写真。
  • 8佛通寺の紅葉とウオーキング8
    御調八幡宮への入り口も、立派な屋根付きの赤い橋。紅葉のほか、春には枝垂れ桜もきれいに咲きそう。

佐伯タンチョウフェスタ

11月1日(日) 10:00~14:00

紅葉の始まった自然保護センターを会場に、「第10回佐伯タンチョウフェスタ」が開催されました。友の会は、前庭で「丹頂ぜんざい」と後ろ山の愛の水で入れた「コーヒー」の店と、玄関前で「クラフト」のコーナーを出店し、参加しました。
メイン会場となる催し広場では、様々なプログラムが用意されて賑わっていました。大池の上空を舞うタンチョウの飛翔は毎年楽しみにしている人も多く、優雅な姿をカメラに納める姿が目立ちました。

午後からは生憎の雨が降り始め、早々に切り上げられました。

活動風景写真

  • 1佐伯タンチョウフェスタ写真1
    玄関前で竹とんぼや竹笛、木の実のクラフトなどを体験できるコーナーは、いつも子供たちの姿がありました。
  • 2佐伯タンチョウフェスタ写真2
    開店前からお客さんが立ち寄られ、人気の丹頂ぜんざいはお昼には完売となりました。
  • 3佐伯タンチョウフェスタ写真3
    出店は友の会の幹事によって運営されました。
  • 4佐伯タンチョウフェスタ写真4
    タンチョウの飛翔を、今か今かとカメラを構えて待つ人たち。
  • 5佐伯タンチョウフェスタ写真5
    池の中土手にも、タンチョウの飛翔を待つ人たちが…
  • 6佐伯タンチョウフェスタ写真6
    期待に応えて大池の上空を舞うタンチョウ。

きのこ観察会

10月18日(日) 10:00~15:00

秋の恒例行事となった「きのこ観察会」が、大勢の参加者を迎えて開催されました。朝早く鳥取からお越しくださった、きのこアドバイザーの安藤先生を講師に向かえ、見分け方や最近の分類について教えていただきました。

観察会の2日ほど前から、やっと定番のきのこの顔が見え始めて、何とかしっかり勉強していただけるほどに集まりました。いつもの年より、イグチ科やテングタケ科が”すこぶる少ない”という印象を持ちましたが、カゴタケやトビイロホウキタケ、シロクロハツなど初めて確認できた種もありました。

参加者からは、きのこ汁が好評でした。

活動風景写真

  • 1きのこ観察会写真1
    午前中は3班に分かれてきのこの採集。小さなお子さんから年配の方まで、みんな楽しくきのこ探し。
  • 2きのこ観察会写真2
    昼食にはきのこ汁の試食も付いて、胃袋でもきのこ観察。午後から、採集してきたきのこを仲間ごとに分けて並べ、安藤先生に名前をつけていただく。
  • 3きのこ観察会写真3
    名前と見分け方について説明を聞く。そっくり同じように見えても、かたや食用、かたや有毒とは…きのこは奥が深く手ごわい、と思わず口走った人も…
  • 4きのこ観察会写真4
    同定が終わって、先生が用意してくださったスライドを見ながら、最近のきのこの分類について興味深いお話を聞く。
    間違って毒キノコを食べないためにも、慎重にきのこを楽しみましょう。

秋のタカの渡り観察会

9月19日(土) 9:00~12:00

秋の恒例行事となった「タカの渡り」を見る、自主活動が行われました。集合場所の和気交通公園で、すでにハチクマが3羽上空を舞い、幸先のよいスタートを切りました。和気美しい森に移動して、講師の斉木さんから、タカ類の渡りのルートや方法などについて詳しく説明していただき、観察が始まりました。

結果は、ハチクマ13羽、サシバ4羽、ノスリ1羽、ハイタカの仲間1羽、ハヤブサ2羽、ツミ1羽、ミサゴ1羽が観察されましたが、タカ柱にまでは至りませんでした。気持ちのよい秋空が広がり、秋の風を受けて、さわやかな観察会になりました。

活動風景写真

  • 1秋のタカの渡り観察会写真1
    だれかの「出たよ」の声に、一斉に視線が集中する。あ、ハチクマだ!
  • 2秋のタカの渡り観察会写真2
    観察の合間に、ハチクマの生態のビデオを見ながら、へええ!!と驚きと感動の声が上がる。
  • 3秋のタカの渡り観察会写真3
    颯爽と現れたハチクマ。これがハチクマだと、少しだけ分かり始めたが、この個体は若鳥だそうで、翼の先が黒っぽい色から判断できるのだとか…ムム、難しい…
  • 4秋のタカの渡り観察会写真4
    気流が変わったのか、現れる方向が変わってきた。抜けるような青空…それだけでも気持ちがいい。

タンチョウ写生大会とクラフト

8月2日(日) 9:00~15:00

夏休みの子供たちの宿題を、友の会が”応援”しました。午前中はタンチョウの写生会でした。飼育担当者からタンチョウの話を聞いた後、子供たちはタンチョウの写生をがんばりました。午後はクラフトを行い、喉が渇いた頃にスイカの早食い競争で盛り上がりました。大勢の親子の参加があり、子供たちからは「宿題がこんなに楽しいなんて…」

「また来年もやって」という感想をもらいました。

活動風景写真

  • 1タンチョウ写生大会とクラフト写真1
    写生をする前に、タンチョウの前で飼育担当者からタンチョウの説明を聞く。大きな羽に子供たちはビックリ。
  • 2タンチョウ写生大会とクラフト写真2
    それぞれ好きな場所を確保して、写生に取り組んだ。
  • 3タンチョウ写生大会とクラフト写真3
    木陰に人気が集中したのかな?雨にならなくてよかった!!
  • 4タンチョウ写生大会とクラフト写真4
    午後は思い思いに作品作り。材料を選ぶ目も真剣です。
  • 5タンチョウ写生大会とクラフト写真5
    段々作品が出来上がってきた。夢中で自分の作品に没頭するお母さんも。
  • 6タンチョウ写生大会とクラフト写真6
    3列に並んで、スイカの早食い競争の始まり。小さなお子さんも果敢にチャレンジ!宿題を済ませて、ちょっと誇らしげな子供たちの顔でした。

自主活動 「槻谷川の自然観察」

7月11日(土) 9:30~15:30

総社市の槻谷川沿いを歩く観察会が、幹事の脇本氏の企画で行われました。自然保護センターのタンチョウ野外行動調査地を集合場所にして、出発前にまずタンチョウの説明を聞きました。

槻地区の自然を守る活動をされている4名の地元の方が、地域の植物を知るために、と参加され、有意義な観察会になりました。

活動風景写真

  • 1槻谷川の自然観察写真1
    全員集まって、平田研究員からタンチョウの説明を聞く。地元の方からどんどん質問が出ていた。
  • 2槻谷川の自然観察写真2
    蒸し暑くて汗だくに…熱心に説明をされる脇本氏と、メモを取りながら聞く参加者。
  • 3槻谷川の自然観察写真3
    川の流れの傍で、涼やかな光景を目にした。イロハモミジの上で休憩するオオカワトンボ。
  • 4槻谷川の自然観察写真4
    今日のメインの植物、オオヨロイグサ!人の背よりもグンと伸びている。
  • 5槻谷川の自然観察写真5
    ここのオオヨロイグサは、岡山県では南限の自生地とか。
  • 6槻谷川の自然観察写真6
    きのこの女王キヌガサタケ。レースの優雅なスカートをまとっていた。

自主活動 「シダの世界…第14回」

6月21日(日) 10:20~15:30

総社市でシダ観察会が行われました。初心者から、長年シダ観察会に参加しているベテランまで総勢29名の参加でした。いつものように、講師の出版されたシダの本を片手に、初心者にも分かりやすい解説から始まりました。

進むにつれ似たような顔をしたシダや、なかなか出会えないシダも現れて、覚えられる容量をはるかにオーバー。雨を覚悟の出発でしたが、最後は日差しも加わって、暑ーい一日となりました。

活動風景写真

  • 1シダの世界写真1
    全員集まって、出発前にシダの観察ポイントを聞く。
  • 2シダの世界写真2
    汗だくで熱心にシダの見分けを説明する、講師の池畑氏。
  • 3シダの世界写真3
    見るのは葉だけでなく、茎のリン片も…と説明する講師。参加者が開いている本はモチロン講師の書かれたシダ図鑑。
  • 4シダの世界写真4
    シダはちょっと一休み。こんなきのことの出会いも。
    ちょっとスカートの開き方がいまいちですが、きのこの女王キヌガサタケが優雅にレースのスカートを開いていた。
  • 5シダの世界写真5
    道無きところを進む参加者。シダ観察会の雰囲気が伝わりますか?
  • 6シダの世界写真6
    最後は橋の下で、今日のおさらい。さあ、何種頭にいれられたかな?

現地集合観察会「犬島の自然」

6月14日(日) 10:30~16:00

犬島再発見の会代表の在本桂子さんに案内をしていただき、石の島として知られる犬島で観察会を行いました。周囲4キロの小さな島には大きな石が産出し、大阪城をはじめとする日本中に巨石が嫁いでいます(在本さん談)。

現在も稼動している石切場を見学したり、海浜植物を観察し、アートの島として生まれ変わろうとしている犬島の活気を感じました。

活動風景写真

  • 1犬島の自然写真1
    宝伝港から船で渡り、開会式。後の黒い建物は犬島アートプロジェクトの建物。
  • 2犬島の自然写真2
    犬島アートプロジェクト「犬島の家」建設予定地を見学。
  • 3犬島の自然写真3
    犬島で一番高い峠、オリーブの丘。このあたりにはオリーブの木が植えられていたとか。
  • 4犬島の自然写真4
    全員が立っているのは、重さ約50トン、広さ40畳はあろうかという花崗岩の一枚岩。こんな大きな石が今も切り出されている。
  • 5犬島の自然写真5
    ハマボウフウ、ハマボッス、ハマヒルガオ、ハマダイコン、ハマナデシコ、テリハノイバラ、コマツヨイグサ、ツルナなど浜の植物が観察できた。花が見られなかったのは残念だが、ハマゴウの群落は見事。
  • 6犬島の自然写真6
    咲き残りが見られた、ハマエンドウの花。
  • 7犬島の自然写真7
    かつて銅の精錬所があった場所では、当時の煙突が風化して、趣きのある雰囲気をかもしている。
  • 8犬島の自然写真8
    観察会の最後に、在本さんのお庭で冷たいお茶をごちそうになりながら、島の歴史をお聞きした。一日ご案内くださいました在本さんにお礼申します。

総会行事

4月12日(日) 10:30~15:30

平成21年度友の会総会行事が開催されました。

  • 総会 10:30~11:30
  • 観察会 12:00~13:30
  • 演奏会 14:00~15:30

総会では、平成20年度の事業報告、決算報告、平成21年度事業計画(案)、予算(案)について審議され、原案通り承認されました。また役員改選の年に当り、新役員が選出されました。

  • 総会1総会行事写真1
    総会の様子です。熱心に審議いただきました。
  • 総会2総会行事写真2
    役員改選で選出された幹事の皆さん。任期は2年です、よろしくお願いします。
  • 観察会1総会行事写真3
    「タンポポ調査2010」の調査方法とタンポポの観察をしました。皆さん調査に参加してくださいね。
  • 観察会2総会行事写真4
    身近で普通に見られるからか、咲いているとは思っても、案外じっくりと見ていないものですね。
  • 演奏会1総会行事写真5
    総会行事の一環として、25絃筝を弾きながら歌う、女性二人のユニット「心花 ここはな」のコンサートを行いました。友の会にまた新たな1ページが加わりました。
  • 演奏会2総会行事写真6
    「心花」は岡山市で開催されている。全国都市緑化おかやまフェアの応援曲「ふわふわりゆらら」を作詞・作曲・演奏しています。
  • 演奏会3総会行事写真7
    会場が一体となって自然の中にぴったり溶け込んだ25絃筝の音色を楽しみました。
  • 演奏会4総会行事写真8
    音響設備のない会場で精一杯の素晴らしい演奏を聞かせてくださった「心花」さんに感謝です。友の会から、お礼の花束と、暖かい拍手が送られました。
  • 演奏会5総会行事写真8
    演奏会の後のサイン会。見て!演奏を聞いて癒された後の皆さんのこの笑顔!
  • 演奏会6総会行事写真8
    「心花」の”ななえ”さんは岡山出身、”みぎわ”さんは北海道出身。タンチョウの羽の模型をもって「こんなに大きいの!」
このページの先頭へ