岡山県自然保護センタートップページへ(指定管理者(公財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

ボランティア研修会

岡山県自然保護センターの適切な活用をはかり、県民の自然に対する理解を深めるため、岡山県自然保護センターボランティアを設置しています。ボランティアはセンターに所属し、主にセンターを拠点として活動します。岡山県自然保護センターでは、ボランティアを対象として、ボランティアに必要な知識の習得やスキルアップを目的に、ボランティア研修会を開催しています。

平成28年度 ボラ研 の予定

本研修は、岡山県自然保護センターボランティアがセンター運営の補助や自主的な活動を行えるよう、必要な知識や技術を提供することを目的としています。
平成28年度の研修日程は下記のとおりです。

日時  タイトル・内容  場所 
4月17日(日)
10時~15時  

弁当・筆記具など
■打合せ会■
午前:年間の活動内容説明と担当の分担
午後:研修会「岡山県のツキノワグマ」
■第1回「岡山県のツキノワグマ」■
講師:池本 茂豊氏(岡山県環境保全事業団)
 ツキノワグマは、岡山県では主に北東部に生息し、県版レッドデータブックでも絶滅危惧種とされていますが、近年集落への出没や登下校での目撃が増加しています。また分布域も広がっており、県中西部で遭遇する可能性も否定できません。より安全・安心な山歩きのため、クマの生態や痕跡の見分け方を学びます。  
自然保護センター
研修室  
5月29日(日)
9時~12時

要申込
申込締切:5/25

双眼鏡・筆記具
  
■第2回「さえずりを楽しみましょう」野鳥観察のテクニック■
講師:宮林 英子氏(ボランティア)
 野鳥をとおして自然への動機づけと、観察の方法を学ぶ。自然に興味を持つきっかけは、人さまざま。今回は野鳥観察を続けて来られた先輩ボランティアさんから、人に伝えるテクニックを学びます。さえずりや野鳥の姿を通して、その場所の自然度も見えてくるかも。。 
自然保護センター
9月25日(日)
10時~15時

要申込
申込締切:9/20
弁当・筆記具など
  
■第3回「ドングリ+竹トンボ+ミニ本立て」クラフト技術の伝承■
講師:青山 昌樹氏(ボランティア)
 自然素材を使ったクラフトは要望も多く、ボランティアさんの力を発揮していただく場面が多くあります。自然素材の選び方、活かし方、保存方法、利用法など、スキルを持った先輩からその技術を学びましょう。
自然保護センター
研修室 
12月23日(金・祝)
10時~15時

要申込
申込締切:12/19
弁当・筆記具など
■第4回「まとめ&茶話会」■
午前:モスモス面白い!コケの世界を体験
講師:藤田 拓矢氏(岡山県環境保全事業団)
   地職 恵(自然保護センター)
午後:「茶話会」
 研修会やボランティア活動を面白くするためのアイデアなど、お茶を飲みながら話しましょう。ボランティアの意見や行動力が来年の計画に最も反映されるチャンスです。  
自然保護センター
研修室 

注)第2回(5/29)、第3回(9/25)、第4回(12/23)の研修会については申し込みが必要です。
 申込は電話、ファックス、E-mailで受け付けます。
 参加希望の方は、ボラ研参加希望の旨と、研修会のタイトル、氏名、電話番号を伝えてください。
 FAX:0869-88-1195
 E-mail:fvbs5493@mb.infoweb.ne.jp

 お問い合わせは  TEL:0869-88-1190まで

ボランティア登録について

参加するためには、あらかじめボランティア登録が必要です。センターが実施する各種講座を修了された方、自然観察指導員の資格を有する方、あるいは所長が適当と認めた方に委嘱しています。
ボランティアとなって活動を希望される方は、各種研修会に参加していただくか、登録を希望される方はセンターにご連絡ください。
※:センターが実施する各種講座は次のとおり。自然学習リーダー養成講座、植物基礎講座、きのこ基礎講座。

このページの先頭へ