岡山県自然保護センタートップページへ(指定管理者(公財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

自然学習リーダー養成講座

自然学習リーダー養成講座 第7期生

自然学習リーダー養成講座とは

センターのフィールドを教材とし、自然とのつきあい方や楽しみ方、里山の現状や生きものの大切さについて幅広く学びながら、自然観察や環境学習の案内人をめざします。修了者はセンターボランティアに登録いただくことが出来ます。スタッフ共々センター行事を盛り上げるお手伝いをいただければ幸いです。

対象

対象は、開講される講座に興味を持ち、専門的な知識を習得したいと考えている方とし、希望があれば誰でも受講できます。ただし、講座が6 回開講されますので、継続して参加できる方に限らせていただきます。

開講予定講座と回数

講座は裏面に示した内容の通り6 回開催いたします。センター内においての講座と体験を中心とした専門的な内容の習得をめざします。各回とも、学習した内容についてレポートを提出していただきます。

最終回は研修で得られた成果を発表する場とし、講師や参加者の方々との意見の交換などを通じて、交流をはかりたいと考えております。

申込手続き等

申込手続き
申事前の申込みが必要です。
定  員
20名で、先着順とします。
締切
平成27年5月24日(日)
参加費
無料

往復ハガキ、FAXによるお申込の方→「申込み方法・お問い合わせ」をご覧下さい。
E-mailでお申し込みの方は「y-namba@kankyo.or.jp」宛に、件名として「自然学習リーダー養成講座申込」である旨を明記し、本文へは住所、氏名、年齢、連絡先の電話番号を書いてご応募ください。

修了証書

修了証書は講座に4回以上出席し、レポートを提出した方に限り授与します。

講座の日程(平成26年度)

講座名 開催日時 講師 テーマ・内 容
第1回
里山 
平成27年
6月7日(日)
10時~15時 
千葉喬三先生
(就実学園理事長)

里山の自然環境と人との関わりについて現状を学ぶとともに、センター内のアカマツ林で昔、作業を行ったことのある方からの指導を受け、下刈りや草刈り、堆肥づくりの作業を体験します。
第2回
とんぼと環境 
平成27年
7月26日(日)
10時~15時
十川巡一先生
(岡山県自然保護推進員)
近藤隆夫先生
(岡山県自然保護推進員)
生物の中でも特にとんぼの仲間に注目し、水辺環境との関係、調べ方などの他、水辺の保全のあり方や現状についても学びます。
第3回
自然調査のすすめ 
平成27年
8月16日(日)
10時~16時
山田勝先生
(岡山県自然保護推進員)
生物の命の大切さ、観察眼、マナーなど、野外活動の基本的心得の他、幅広い生物の調べ方を体験します。吉井川での水生生物調査も予定しています(要長靴)。
第4回
森林の管理 
平成27年
10月25日(日)
10時~15時
可兒義朗先生
(森林インストラクター・樹木医)
林業の現状、森林施行の技術・手法などの他、安全面についても体験を通じて学びます。またこれらの応用として身近な庭木の手入れについても学びます。
第5回
炭焼き 
平成27年
11月15日(日)
10時~15時
山﨑光先生
(岡山県自然保護推進員)
炭焼きについて詳しく学び、センター内で切り出した原木による伏せ焼き、スミヤケールを使った竹炭づくり、松ぼっくりなどを使った御花炭づくりを体験します。
第6回
まとめ
平成28年
2月7日(日)
10時~15時
千葉喬三先生他、各回で指導していただいた講師 各講座ごとに、学んだ内容や体験した事、感想や疑問点、今後の活動方針などを発表し、講師や参加者と意見交換や交流をはかります。
詳しくはこちら(募集チラシ

その他

センター内での作業は刃物などの道具も使います。自己責任において、十分気をつけて作業を行い、ケガのないように注意してください。

各講座の様子(平成23年度の例)

講座名 開催日時 講師
第1回
里山
5月29日
千葉喬三先生 
当日は県下各所で警報が出るほどの大雨。野外体験学習は中止となりました。
里山は人の関わりにより形成されたもの。講義ではその仕組みについて学びました。 
講義風景
第2回
水辺の生きもの
7月3日
十川巡一先生
近藤隆夫先生  
生物の中でも特にトンボに注目し、水辺環境との関係、調べ方等を学びました。
野外散策は雨天後の蒸し暑い天候で、羽化直後のオニヤンマの他、オオムラサキの飛翔も観察されました。
野外散策での一場面
第3回
草地や森、水辺の生きもの
8月21日
山田勝先生
 
講義では生物の命の大切さ、接し方、観察眼、マナー等、フィールドワーカーとしての基本的心得を、野外散策では幅広い生物の調べ方を学びました。予定していた吉井川水生生物調査は雨天のため中止となりました。 講師の解説に聞き入る受講生達
第4回
森林の管理
10月30日
可兒義朗先生 
講義では林業の現状、森林施行の技術・手法を、野外では体験を通じて、安全面についても学びました。またこれらの手法は身近な庭木の手入れにも活用できることを学びました。 枝打ちの実地風景
第5回
炭焼き
11月27日
山﨑光先生
  
講義では炭が出来る仕組みの他、自然体験での楽しみ方も学びました。
センターのような里山を維持するには定期的な雑木の切り出しが必要ですが、その原木を利用しての伏せ焼きの他、スミヤケールを使用しての竹炭のづくり、御花炭づくりなどを体験しました。
手前は伏せ焼きの様子。奥の方ではスミヤケールでの竹炭の出来具合について講師から説明をうけている。
担当者作成の御花炭。カマツカ、ピラカンサ、シャリンバイ等の液果は難しい。松ぼっくり系がやはり定番のよう。下のステンレスの箱はスミヤケールです。
第6回
まとめ
平成24年2月26日
各回の講師
   
このページの先頭へ