指定管理者(財)岡山県環境保全事業団:岡山県自然保護センター

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

見頃の動植物について

コウヤミズキ、コゲラ、ルリビタキ、メジロ、ホトケノザ
ヒサカキ、菜の花、梅の花、シロハラ、ヤブツバキ、ジョウビタキ、
カンサイタンポポ、ヤマガラ、ナナホシテントウ、アセビ、タンチョウ
アトリ、カルガモ、ツグミ、シジュウカラ、カケス、エナガ、アオジ
ホオジロ、カイツブリ、バン、ヒヨドリ、ウグイス
コウヤミズキ
コウヤミズキ(花の広場付近の経路沿いにて、2012/03/25撮影)
センターには花の広場付近と、湿生植物園東の谷からの経路沿いに
それぞれ1本づつ植栽されています。
センターに自生は無いと思いますが、もともと備前方面には自生があるので、
あまり違和感は感じません。
そんなコウヤミズキが見頃を迎えています。

コゲラ
コゲラ(郷の茶屋の裏にて、2012/03/25撮影)
あまり光加減はよくなかったのですが、この写真、なんと!
♂の頭の後ろの両側にある赤い斑が写っているのです!
それだけ…

ルリビタキ
ルリビタキ♀(花の広場付近の経路沿いにて、2012/03/25撮影)
やはり雌しか見られません。

メジロ
メジロ(花の広場付近の経路沿いにて、2012/03/25撮影)
かわいらしいポーズだったので撮らせてもらったのですが、
どうやらトイレの最中だったようです。

メジロ
メジロ(花の広場付近の経路沿いにて、2012/03/25撮影)
最近メジロが観察しやすい。これはヤマウルシの実をついばんでいるところ。

ヌルデの果実
ヌルデの果実(駐車場・郷の茶屋周囲の林縁、2012/03/25撮影)
ヌルデは森林を伐採した際など、その跡地にいち早く見られる先駆樹種のひとつ。
まったく注目してこなかった樹木のひとつですが、
センターに勤めるようになって意外に人気者だということを教えられました。
しょっぱくて美味しいとのこと?
正直、それでもあまり気にしていなかったのですが、
ここまで見た目に塩らしさがあると、口に入れないわけにはいきませんでした。
塩は人にとって必要不可欠で、古来は貴重品だったでしょう。
センターでは小鳥たちに人気です。

ホトケノザ
ホトケノザ(エントランス付近の経路沿い、2012/03/25撮影)
農耕地や里地では普通の雑草ですが、センターではあまり見られません。
名前の由来は花を抱くようについている葉っぱの形なのでしょうか。
仏が座しているふうに見えますか?
春の七草のホトケノザとは本種のことではなかったですよね?
(詳しくは、平成25年2月17日(日)予定の満喫自然体験「春の七草」にご参加下さい)

ヒサカキの雄花
ヒサカキ(花の広場付近の経路沿い、2012/03/25撮影)
センターではソヨゴと一二を争う普通~の常緑広葉樹(低木)。
サカキの代用品としてなら、ピンとくる方もおられるかもしれません。
そのヒサカキ。ついに例の香りが漂うようになってまいりました。
よく見るとあちこち咲いているではありませんか。

菜の花
菜の花(野草園にて、2012/03/19撮影)
センターでは、野草園の一画を利用して菜の花を植えています。
河川敷に繁茂するセイヨウカラシナや、観光資源などとして大規模に植えられるものと違い、
センターのものは古くから日本で使われてきた系統にこだわっているようです。

梅の花
梅の花(野草園にて、2012/03/19撮影)
麓の集落ではもう満開に近く咲きそろってきているのに
センターの梅はゆっくりしています。
この野草園の梅の花は三日前には全く開いている花はありませんでしたが、
本日は10花ほどが開いていました。

梅の花
梅の花(タンチョウ棟前にて、2012/03/19撮影)
タンチョウ棟前には紅白の梅が植えてあります。
三日前にはつぼみばっかりだったのに、
昨日の暖かさにつられてポツポツ咲き始めました。
でも、白花の方はまだまだつぼみばかりです。
おめでたい雰囲気になるにはしばらくかかりそう。

シロハラ
シロハラ(虫の原っぱ付近の経路沿いにて、2012/03/18、昼、撮影)
地面でごそごそ落ち葉をめくったり、ぴょんぴょんと歩いたり、
やっとシロハラらしい様子に出会えました。
(こっちの勝手な思いこみかもしれませんが…)

ヤブツバキ
ヤブツバキ(エントランスにて、2012/03/18撮影)
同じセンター内でも、より南にあって麓に向かって開けたエントランスは、
やっぱり暖かいのでしょうか??。
他はどこもまだかた~いつぼみなのに。

ジョウビタキ♂
ジョウビタキ♂(虫の原っぱにて、2012/03/18撮影)
久しぶりの至近距離です。
枝かぶりが惜しいですが、のどをふるわせて“ぐぜり鳴く”様子も見ることが出来ました。

クサギカメムシ
クサギカメムシ(センター棟事務室にて、2012/03/18撮影)
出勤してすぐ、一発目のコピーをとりにいったら、コピー機の上にいました。
臭くなるといやなので、そーっと写真撮って、コピー済ませてそのままにしておいたのですが、
やっぱりそういうわけにもいかないようで、お外に連れ出されていました。
相当普通のカメムシのようです。成虫越冬なのですが、事務所で冬を越すのは止めて!
オオトビサシガメ
オオトビサシガメ(センター棟事務室にて、2012/03/18撮影)
出勤してしばらくしたら職員の●●さんから驚きの声が…
当方、あまり積極的に虫を触れる方ではないのですが、
この虫、●●さんの机のゴム印の上にいたので、そのままお外に連れ出すことに。
写真を絵合わせしてみるとオオトビサシガメのよう。成虫越冬するそうです。
なになに?鋭い口吻があり、刺す?痛い?
こういうのもちょっとずつ覚えないと…
●●さん、無事でなによりでした。
ツチハンミョウの仲間(ヒメツチハンミョウ?♂)
ツチハンミョウの仲間♂(水鳥観察小屋付近の経路上にて、2012/03/18撮影)
お昼休みに園内経路でお客さんとお話ししていたら、
キレイな金属色の昆虫がてくてく歩いていました。
この虫は、触ったりして驚かせると身体から汁を出して、
それが皮膚につくと炎症をおこすそうです。
以前、遠足の子供達をご案内しているときに見る機会があり、
その時に昆虫に詳しい講師がいっしょでしたので教えてもらいました。
(ただ、名前はすっかり忘れていました。ヒメツチハンミョウだと思うのですが…)

カンサイタンポポ
カンサイタンポポ(休憩広場にて、2012/03/15撮影)
タンポポが一輪咲いているのを見つけました。
春近し?

ヤマガラ
ヤマガラ(センター棟裏にて、2012/03/12撮影)
ピクニック広場から潜在自然植生樹種植栽を行った斜面をおり、
センター棟裏に出てきたところでヤマガラが元気よく目の前を横切りました。
すぐ近くの斜面(地面)につっこんで行ったので様子を見ていると…
くぼみに入ってごそごそしています。ひょっとして貯蔵場所なのでしょうか。
この写真でくわえているのはエゴノキの実に見えませんか?
秋にせっせとため込んだ食料が役だっているのですね

ナナホシテントウ
ナナホシテントウ(センター棟の玄関先、2012/03/08撮影)
このところ雨天雲天つづきですが、寒さはめっきりゆるみましたね。
公立高校受験が終わりましたが、例年の受験シーズンって極寒の頃というイメージが…
以前紹介したアカタテハと同様、このナナホシテントウも成虫越冬するようです。
このところの寒さのゆるみでノソノソと外に出てきたのでしょうか。

アセビ(植栽)
アセビ(花の広場付近の経路沿い、2012/03/08撮影)
アセビは、早秋の花の知らせとしては割と気の早い類。
有毒植物であり、それを食べた馬が…というのが名前の由来といわれています。
この写真の花の色はちょっとケバイですが、ご想像のとおり植栽品です。
自生品の方はほぼ白花で、センターの山間経路沿いなどでも見ることが出来ます。
まだ、少~しつぼみがほころびかけだしたところ。

タンチョウ
タンチョウ(上池の放飼場にて、2012/02/20撮影)
朝から快晴の日が数日続きました。
始業時間の頃、センター棟近くの林縁でルリビタキらしき声が聞こえたので待機を決め込む。
すると放飼場のタンチョウが騒々しい(サクラが離れたところにいるキョウヘイを呼んでいる)。
それが結構な騒々しさで、正直…「ルリの声が聞こえないな~…」
それでもしばらくルリの声に集中していたのですが、元来気の散りやすい性分で…
「タンチョウがなんか違う鳴き声してる!」ことに気づいてしまい、
すっ飛んで行ったらキョウヘイがサクラの所へ戻ってきていました。
二羽はいわゆる「鶴の舞」ではなく、いきなり目の当たりにするのは初めての行動にでました。
私はフクロウを見たときと同じぐらい大あわてでシャッターきっていました。
アトリ♂
アトリ♀
アトリ(水鳥観察小屋から花の広場の間の経路沿い、2012/02/03撮影)
50羽を越える群れとなって餌を求めて活動しています。
アトリは♂♀の区別がわかりにくく、若い感じの個体も混じって更に???です。
イロハモミジ、アオハダ、アカマツ等を次々に移動して採餌を行います。

カルガモ
カルガモ
カルガモ(田尻大池にて、2012/02/04撮影)
氷の上に着陸して滑走している個体がいました(撮れませんでしたが…)。楽しそう。
上の写真は「コテッ」と音が聞こえてきそうな恥ずかしい写真。
受験のシーズンなので控えめな表現にとどめておきます。

ツグミ
ツグミ(花の広場の四阿付近にて、2012/02/02撮影)
ヤマガキにたむろして採餌していました。
まだ口元に食べかすがついています。
当方が近づいたのでソヨゴの樹冠の中に逃げてみたものの、丸見えの場所で困っている様子。

シジュウカラ
シジュウカラ(タンチョウ飼育施設付近の経路沿いにて、2012/02/02撮影)
順光のシジュウカラ、初撮れです。
シジュウカラはごく最近まで名前の覚えられなかったなじみ深い種。
どう見ても頬白(ホオジロ)でしょうコレ。
逆にホオジロはそんなに頬白でもないでしょうに。

カケス
カケス(タンチョウ飼育施設前の経路沿いにて、2012/01/30撮影)
カケスはいつもいるわけではないような気がします。
以前よく見られていたのが秋。
で、真冬の今時分になってまた見られるようになってきました。
留鳥の中にも奥山と里を行き来する種類はいるそうですが、
カケスもそのような移動をしているでしょうか。
エナガ
エナガ(花の広場付近の経路沿いにて、2012/01/24撮影)
ここ一週間ほど、センター内を歩いても、
一度もシャッターをきらずに帰ることがしばしばでした。
このエナガの他、メジロ、ヤマガラあたりは鉄板なんですけどネ…。

ジョウビタキ♀
ジョウビタキ♀(虫の原っぱ付近の経路沿いにて、2012/01/24撮影)
一時期のように分かりやすい所になかなか出てきてくれない。
すごく久しぶり。

アオジ♂
アオジ♂(花の広場付近の経路沿い、2012/01/08撮影)
花の広場やその付近の経路沿いも、
草地管理の一貫で草刈りが行われ、なんだか見通しが良くなってしまいました。
草藪に潜むアオジやホオジロは急に見られなくなった気が…
そんな時、アキグミの茂みの中で、
アオジがもう残り少なくなってしまった実をついばんでいました。
上半身しか写っていませんが、♂らしい個体の写真は初なので掲載しまた。
ホオジロ♀
ホオジロ(花の広場付近の経路沿いにて、2012/01/06撮影)
経路沿いの藪では、ここしばらくアオジしか見れていませんでしたが、
久しぶりのホオジロ♀です。すごく上手にススキの種を食べていました。
カイツブリ(採餌の様子)
カイツブリのお食事の様子(上池にて、2011/12/26撮影)
木の実や果実に比べるとすごいご馳走ですね。
バン
バン(上池にて、2011/12/20撮影)
冬モードということで、くちばしの鮮やかさはありません。
オオバンはあしゆびが木の葉のようにヒレのついた弁足ですが、
なんとバンはヒレがないのですね。水鳥なのに…。
泳ぐとき、やたら頭を前後にふるのはそのためなのでしょうか。
ヒヨドリ
ヒヨドリ(園内各所にて見られます。2011/12/13撮影)
留鳥で年中見られますが、北地のものは秋に群れて暖地に移動します。
秋以降急に増えるので、冬鳥のように思えたりもします。
またヒヨドリバナなど、ヒヨドリが鳴く頃(秋)に咲くというような
季節感のある意味あいで名付けられた植物もあるほどです。
群れてピーピー騒がしい。というのがこのヒヨドリの印象です。
ウグイス
ウグイス(虫の原っぱにて、2011/11/24撮影)
名前ほど、綺麗なウグイス色ではないですが、美声の持ち主です。
11月前半の暖かい日にはその美声をちらほら聞くことが出来ました。
留鳥ですが、普段は藪から出てくることはなく、なかなかお目にかかれません。
ヤブツバキや梅、ヒサカキやコウヤミズキが咲きそろいつつあります。

ここ数日の陽気でテングチョウや、ルリタテハなどのタテハ類が
元気よく飛び回っている様子も見られるようになってきました。

平成23年度ももうすぐ終わり。

赴任当初の写真を見返すと、
コウヤミズキが初花。
ルリタテハが初蝶。
イカルが初鳥でした。

2年目は、「また会えて良かったね」の気持ち
プラス、「もう少し幅広く」観察したり、撮ったりしていきたいです。

一年間通ってくださり、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
(2012/03/30)
2012/03/30:コウヤミズキ、ヒサカキ…
2012/03/19:菜の花…
2012/03/18:シロハラ、ビンズイ…
2012/03/17:梅、カンサイタンポポ…
2012/03/10:ナナホシテントウ、アセビ…
2012/02/26:マンサク…
2012/02/23:アカタテハ、アカハラ…
2012/02/20:タンチョウ(鶴の舞)…
2012/02/19:アオゲラ、アオバト…
2012/02/17:オナガガモ、マンサク…
2012/02/04:アトリ、ヨシガモ…
2012/01/30:コゲラ、カケス…
2012/01/29:アオゲラ…
2012/01/28:アトリ、シロハラ…
2012/01/24:エナガ、ジョウビタキ…
2012/01/21:ルリビタキ、アオサギ…
2012/01/16:ジョウビタキ、シロハラ…
2012/01/12:笠岡湾干拓地の野鳥…
2012/01/07:ヤマガラ、ホオジロ…
2012/01/05:アカハラ、ヨシガモ…
2011/12/26:マミチャジナイ、カシラダカ…
2011/12/23:ミヤマホオジロ、ルリビタキ…
2011/12/19:アカハラ…
2011/12/17:オオバン…
2011/12/13:ヒヨドリ…
2011/12/10:マミチャジナイ…
2011/12/04:カルガモ、アオジ…
2011/12/03:ヤマガラ、エナガ…
2011/11/26:ジョウビタキ♂、シロハラ…
2011/11/20:クサシギ、カイツブリ…
2011/11/14:カヤクグリ、ミミカキグサ…
2011/11/12:カシラダカ、ミヤマホオジロ…
2011/11/10:カワセミ、ノシメトンボ…
2011/11/05:ジョウビタキ、アオジ…
2011/10/31:リンドウ、サクラタデ…
2011/10/27:リュウノウギク、ハイタカ…
2011/10/20:マガモ、イヌセンブリ…
2011/10/16:アサギマダラ…
2011/10/14:ヤマガラ…
2011/10/07:ムラサキミミカキグサ…
2011/09/29:ミサゴ…
2011/09/26:タカの渡り…
2011/09/24:赤いとんぼ…
2011/09/23:サシバ…
2011/09/17:ミズアオイ…
2011/09/11:ミズトンボ…
2011/08/29:ミズトラノオ…
2011/08/25:ミンミンゼミ…
2011/08/13:サギソウ…
2011/07/31:セミの仲間…
2011/07/25:ヒシモドキ…
2011/07/18:カワラナデシコ…
2011/07/02:アサザ…
2011/07/01:チョウトンボ…
2011/06/27:ユウスゲ…
2011/06/22:クサレダマ…
2011/06/18:ノハナショウブ…
2011/06/12:ハッチョウトンボ…
2011/06/09:ササユリ…
2011/06/04:トキソウ…
2011/05/29:トキソウ…
2011/05/22:アヤメ、コウホネ…
2011/05/16:カキツバタ…
2011/05/14:カキツバタ…
2011/05/10:サワオグルマ…
2011/05/08:サワオグルマ…

自然保護
センター
website >
 webサイトはこちら!スマホ、アイフォンの方はこちらから!
スマホ、アイフォンなどからのアクセスはこちらから! 
自然保護
センター
mobilesite >
 モバイルサイトはこちら!携帯電話からのアクセスはこちらから!
携帯からのアクセスはこちらから! 
このページの先頭へ