岡山県自然保護センタートップページへ(指定管理者(公財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

コケ植物

センター内で観察することができるコケ植物です。

コケ(蘚苔類)を探してみよう!!

自然保護センター内に生育する、比較的見分けが簡単なコケを紹介します。

コケってどういう植物だと思いますか?
「こけ」と名前がついているけれども「コケでないこけ」もあります。たとえば、モウセンゴケ・サギゴケは維管束植物、クラマゴケはシダ植物、鮎が食べるこけは藻類、ハナゴケは地衣類と、「コケでないこけ」はたくさんあります。

このページではコケ植物(蘚苔類)について紹介します。特徴がよく現れるのは乾いた姿。でも、雨上がりの水分をいっぱい吸ったコケのモスグリーンの美しさには格別なものがあります。コケは体が小さいので、肉眼では観察が難しく、それが見過ごされている要因かもしれません。でもルーペや、顕微鏡で拡大すると、思わずオーー!と言ってしまうような世界が開けます。

さあ、ルーペを片手にコケを探しに出かけませんか。

こんなところに注目!

よく生育する場所(生育基物といいます)別に紹介します。ただし限定されるものではありません。

木の幹・切り株・腐木    
岩・コンクリート 
 
水辺 
絶滅危惧種のコケ 

季節、年によっては観察できないことがありますので、ご了承下さい。

このページの先頭へ