岡山県自然保護センタートップページへ(指定管理者(公財)岡山県環境保全事業団)

自然保護センターで里山の自然にふれてみよう

  • ホーム
  • サイトマップ
  • ブログ
  • お問合せ

文字の大きさ

  • 小
  • 中
  • 大

鳥類について

岡山県自然保護センターのトンボ類一覧   
アオイトトンボ科(3種)   

ホソミオツネントンボ♂(越冬型) 

ホソミオツネントンボ 

アオイトトンボ♂成熟
※♂成熟個体の複眼は青い。胸部・尾部先端付近が粉白。粉白化は♀も同様の傾向がある。近年センターでの確認頻度は低い 

アオイトトンボ♂成熟
※♂成熟個体の胸部・尾部先端付近が粉白。粉白化は♀も同様の傾向がある

オオアオイトトンボ♂成熟
※♂成熟個体の複眼は緑色~青緑色。粉白は生じない 

オオアオイトトンボ♀成熟
※♀成熟個体の複眼は緑色 
カワトンボ科(2種)   

カワトンボの仲間♂成熟(橙色翅型)

カワトンボの仲間♂成熟(無色翅型) 

カワトンボの仲間♀(無色翅型)

※ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボは分布域が重なっており、区別が難しい。センターで見られる種は後者と考えられるが、ここではカワトンボの仲間としておく 
 
ハグロトンボ♂成熟
※翅には類似種のアオハダトンボのような青藍色の光沢がない
 
ハグロトンボ♀成熟
※翅には類似種のアオハダトンボのような偽縁紋がない
モノサシトンボ科(1種)   

モノサシトンボ
※全長4~5センチ。腹部に定規のような環状紋がある。足の脛(スネ)の部分は白く、少し広がる 

モノサシトンボ♀
※腹部に定規のような環状紋がある。足の脛の部分は白くならない
イトトンボ科(7種)
 
キイトトンボ

キイトトンボ
※♀の腹部は黄色~緑色まで変異がある 

クロイトトンボ♂成熟

♂腹部第7、8、9、10節の模様
※腹部第8節の2山模様が特徴

 ♂後頭部・眼後紋
※眼後紋は小さいが顕著。後頭条はない

クロイトトンボ♀成熟

クロイトトンボ♀成熟(♂型)
 

クロイトトンボ♂未成熟 

セスジイトトンボ♂成熟

セスジイトトンボ♂成熟(?)
※腹部第8節2山模様がオオイトトンボに似た型

 ♂後頭部・眼後紋
※眼後紋は三角様。後頭条はある。胸部の肩黒条中に淡色線の模様が入る
 
セスジイトトンボ♀成熟

セスジイトトンボ♀成熟
※配色がムスジイトトンボに似た型

♀後頭部・眼後紋
※眼後紋は三角様。後頭状はある。胸部の肩黒条中に淡色線の模様が入る

オオイトトンボ♂成熟

♂腹部第7、8、9、10節の模様
※腹部第8節2山模様・第10節X字模様が特徴


成熟♂後頭部・眼後紋
※眼後紋は大きい。後頭条は明らか

オオイトトンボ♀成熟(♂型)

オオイトトンボ♀成熟 
 

ホソミイトトンボ♂(越冬型)

ホソミイトトンボ♀未成熟(越冬型)
 
アオモンイトトンボ♂成熟

♂後頭部・眼後紋
※眼後紋は丸く小さいが明瞭。後頭条はない

♂腹部第7、8、9、10節の模様
※水色の淡色部は第8節にある
 
アオモンイトトンボ♀成熟
※成熟♀には配色が♂タイプのものもある


アオモンイトトンボ♀未成熟

※2017/08/06:お客さん(てぃさん)による成熟♂の写真撮影による記録があったた。場所は水生植物園から見た上池水面のヒシの葉上。

アジアイトトンボ♂成熟

♂後頭部・眼後紋
※眼後紋は小さいが明瞭。後頭条はないが、淡色の縁取りがある

 ♂腹部第7、8、9、10節の模様
※水色の淡色部は第9節にある
アジアイトトンボ♀未成熟

♀後頭部・眼後紋左:未成熟・右:成熟)

アジアイトトンボ♀成熟 
ヤンマ科(9種)
※ヤンマ類は木や枝にぶら下がるように止まる   

サラサヤンマ(飛翔) 

コシボソヤンマ♂(木止まり)

コシボソヤンマ♀(木止まり)
※生息の記録はあるが、成虫が目撃される機会はほぼない 

カトリヤンマ♂(木止まり) 

マルタンヤンマ♂(木止まり)

マルタンヤンマ♀(木止まり)
※生息しているが、成虫♂が目撃される機会はほぼない。成虫♀の産卵行動は希に目撃される 

ヤブヤンマ♂(木止まり)

ヤブヤンマ♀(木止まり)
※生息しているが、成虫♂が目撃される機会はほぼない。成虫♀は建物に入ってくるものの確認があるが、野外での目撃の機会はほぼない
 

オオルリボシヤンマ♂(飛翔)

ルリボシヤンマ♂(飛翔)
※記録はあるが、近年の確認はなく、生息はしていないと考えられる 

ギンヤンマ(飛翔)

クロスジギンヤンマ♂(飛翔) 
サナエトンボ科(10種)
※サナエトンボ類は枝や草、地面等にさばるように止まる。   

ウチワヤンマ♂(止まり)

 ウチワヤンマ♀(止まり)
※尾部の左右に張り出した翼の中には淡色の斑が入る 

 タイワンウチワヤンマ♂(止まり)
※尾部の左右に張り出した翼は狭く淡色の斑は無い 

コオニヤンマ♂(止まり)

 コオニヤンマ♀(止まり) 

オナガサナエ♂(止まり)
※記録はあるが、近年の確認はなく、生息はしていないと思われる
 

アオサナエ♂(止まり)
※記録はあるが、近年の確認はなく、生息はしていないと思われる
 
オジロサナエ
※1997/6/23:幼虫確認、2016/6/30:成虫確認、いずれも虫の原っぱ  
 
タベサナエ♂(止まり)

タベサナエ♀(止まり) 

オグマサナエ♂(止まり) 

オグマサナエ♀(止まり) 

フタスジサナエ♂(止まり) 

フタスジサナエ♀(止まり) 

ヤマサナエ(止まり) 

ヤマサナエ♀(止まり) 
オニヤンマ科(1種)   

 オニヤンマ♂(木止まり)

オニヤンマ♀(産卵) 
エゾトンボ科(4種)   

トラフトンボ♀(木止まり) 

タカネトンボ♂(木止まり)
※尾部先端上部付属器の下面は段差状となっている(付け根が細く、途中で太くなっている)

タカネトンボ♀(木止まり)
※尾部の下側に突き出る産卵弁は先が尖らず小さい 

エゾトンボ♂(飛翔)
※副性器の突起後ろ側が黄色。尾部先端上部付属器は3種の中で最もほっそりしている
 
エゾトンボ未成熟(左:♂、右:♀)
※特に後翅の幅が広い。未成熟♂には胸部・腹部に黄斑があるが、成熟すると消える。
未成熟♀の黄斑は成熟しても残る
※エゾトンボは報告時(1988)にはオオエゾトンボで記載されているが、現在はエゾトンボと区別されていない。ここではエゾトンボとして掲載 

ハネビロエゾトンボ♂(飛翔)
※副性器の突起後ろ側は黒色。尾部先端上部付属器は3種の中で最も太い

 ハネビロエゾトンボ♀(木止まり)
※尾部の下側に突き出る産卵弁は3種のうち最も鋭く長い。 
ヤマトンボ科(2種)   

オオヤマトンボ♂(飛翔)

オオヤマトンボ♀未成熟(木止まり) 

コヤマトンボ♂(木止まり)
※記録はあるが、近年の確認はなく、生息はしていないと思われる
 
トンボ科(23種)   

チョウトンボ♂
※前翅先端透明・斑紋あり、後翅先端透明斑あり

チョウトンボ♂
※前翅先端透明・斑紋あり、後翅先端透明斑なし


チョウトンボ♂
※角度により異なる色合い

チョウトンボ♀
※前翅・後翅ともに先端透明、色は♂タイプ

チョウトンボ♀
※前翅・後翅ともに先端透明、色は♂タイプ

チョウトンボ♀
※前翅・後翅ともに先端透明、色は黒色に金緑色の光沢

ナツアカネ♂成熟
※コノシメトンボ同様、アカネ属の中で最も深紅に染まる。前後翅先端の斑状模様はなく、胸部側面の模様も異なる。

ナツアカネ未♂成熟

ナツアカネ♀成熟

ナツアカネ♀胸部側面

ナニワトンボ♂
※♂♀ともに眉斑あり。また♂♀ともに前後翅に斑模様や着色はない。成熟♂は全身青灰色

ナニワトンボ♀
ナニワトンボ♀胸部側面
※♀は黄色から、成熟するにつれ粉白化。胸部側面には明瞭な黒条が3本


リスアカネ♂成熟
※前後翅先端に黒褐色斑が入る

リスアカネ♂(やや若い)

リスアカネ♀
※前後翅先端に黒褐色斑が入る

リスアカネ♀胸部側面
※ノシメトンボに似るが、一般に中央の黒条は上まで届かないか、届いても上部で細くなる

ノシメトンボ♂成熟
※♂は成熟してもあまり赤くはならない。未成熟の♂の配色は♀タイプ

ノシメトンボ♂成熟
※眉斑は♂♀ともあったりなかったり

ノシメトンボ連結産卵
※♂♀ともに前後翅先端に黒褐色斑が入る

ノシメトンボ♀胸部側面
※リスアカネに似るが、中央の黒条は太いままで上まで届く

アキアカネ♂成熟

アキアカネ♂未成熟

アキアカネ♂胸部側面
※胸部中央の黒条の先端は尖る。記録はあるが、近年の確認はない

アキアカネ♀成熟

アキアカネ♀未成熟

アキアカネ連結産卵
※記録はあるが、近年の確認はない

タイリクアカネ♂
※:2011/09/24:職員の目撃による確認(催し広場)。2012/09/26:職員の目撃による確認(大池湖岸)。未報告 

タイリクアカネ♀

コノシメトンボ♂成熟
※アカネ属の中ではナツアカネ同様、成熟し最も深紅に染まる。胸部の模様や前後翅先端に黒褐色斑が入る点が異なる。眉斑はない

コノシメトンボ♂頭部・胸部
※胸部中央の黒条は分岐し、後方の黒条と融合

コノシメトンボ♀成熟
※前後翅先端に黒褐色斑が入る。眉斑がある

コノシメトンボ♀胸部側面
※胸部中央の黒条は分岐し、後方の黒条と融合

ヒメアカネ♂成熟
※♂♀ともに前後翅に斑模様や着色はない。顔は白い。♂は成熟がすすむと胸部は褐色になる

ヒメアカネ♂
※♂は若いうちは胸部は黄色。尾部の上付属器は反り返らない

ヒメアカネ♂未成熟
※♂未成熟の配色は♀タイプ

ヒメアカネ成熟♀
※♂♀ともに前後翅に斑模様や着色はない。顔は黄白色で小さい眉斑がある場合がある

ヒメアカネ♀
※産卵弁が突出(マユタテアカネは突き出ない)

ヒメアカネ♀胸部側面
※模様はマユタテアカネとほとんど同じ

マユタテアカネ♂成熟
※♂♀ともに眉斑がある。前後翅ともに斑模様や着色はない

マユタテアカネ♂成熟
※♂の尾部の上付属器は反り返る(ヒメアカネは反り返らない)

マユタテアカネ♂未成熟
※♂未成熟の配色は♀タイプ

マユタテアカネ♀成熟
※♀は前後翅ともに、先端に黒褐色斑があるものと、斑模様や着色がないものとがある

マユタテアカネ♀成熟
※産卵弁が突き出ない(ヒメアカネは突き出る)

マユタテアカネ♀
※模様はヒメアカネとほとんど同じ

ミヤマアカネ♂成熟
※前後翅に帯条斑が入る。縁紋は未成熟で白く、成熟して赤くなる。記録はあるが、近年の確認はない

ミヤマアカネ♀成熟
※前後翅に帯条斑が入る。縁紋は白い。記録はあるが、近年の確認はない

ネキトンボ♂
※胸部側面は太い黒条が2本。成熟すると全体的に赤く染まる。前後翅付け根は橙色

ネキトンボ♀
※全体的に黄色。成熟すると腹部背面が赤化。胸部側面の黒条・翅の模様は♂に同じ

キトンボ♂
※翅も含め全体的に橙色。成熟すると腹部背面がやや赤化

キトンボ♀
※翅も含め全体的に橙色。成熟すると腹部下面がやや白化尾部先端の形状が♂と異なる

コシアキトンボ♂
※腹部の黄斑は成熟すると白化。前後翅先端に小さな黒褐色斑が入る

コシアキトンボ♀
※腹部の黄斑は成熟すると白化。節に黒い模様が入り、オオシオカラトンボ♀に似る。前後翅先端に黒褐色斑が入る

コフキトンボ♂成熟

コフキトンボ♂未成熟
※1998の報告(1997/08/01の目撃)記録があるのみ 
 
コフキトンボ♀成熟

 ♂の顔

♀の顔

ハッチョウトンボ♂成熟
成熟♂は深紅に染まる。全長は約2センチで国内最小のトンボ

ハッチョウトンボ♂未成熟

ハッチョウトンボ♀成熟

ハッチョウトンボ♀未成熟

ショウジョウトンボ♂成熟
※成熟♂は深紅に染まる。全長は4~5センチでハッチョウトンボの倍ある

ショウジョウトンボ♂未成熟
※未成熟♂の配色は♀タイプ。ウスバキトンボと迷ったら翅付け根の橙色斑を確認

ショウジョウトンボ♀成熟
ショウジョウトンボ♀未成熟
※ウスバキトンボと迷ったら翅付け根の橙色斑を確認

ウスバキトンボ♂(飛翔)
※ショウジョウトンボと迷ったら腹部上面の黒い模様を確認

ウスバキトンボ♀(止まり)
※ショウジョウトンボと迷ったら腹部上面の黒い模様を確認

ハラビロトンボ♂成熟
※♂♀ともに額部に青藍色の金属光沢あり

ハラビロトンボ♂未成熟

ハラビロトンボ♀
※♂♀ともに額部に青藍色の金属光沢あり

ハラビロトンボ♂未成熟
※未成熟♂の配色は♀タイプ 

シオカラトンボ♂成熟
※シオヤトンボに比べスリムで尾の先が黒化

シオカラトンボ♂未成熟
※未成熟♂の配色は♀タイプ

シオカラトンボ成熟♀

シオカラトンボ♀未成熟

シオヤトンボ♂(止まり)

シオヤトンボ♀(産卵)

オオシオカラトンボ♂(止まり)
※後根付け根の黒斑が特徴的

オオシオカラトンボ♀(産卵)
※後根付け根の黒斑が特徴的
ヨツボシトンボ♂
※ヨツボシトンボは雌雄の区別がほとんどつかない

ヨツボシトンボ♀(打水産卵)
[本ページの作成・写真の撮影]難波靖司
[注]全ての種がいつの時季でも見られるというわけではありません。また年によって全く見ることができない種もあります。過去に記録のあった種と、写真や情報が得られている種を加えて一覧にまとめていますので、近年では全く見られない種も含まれています。個々のページについては随時作成する予定です。
[参考文献]
岡山県自然保護センター研究報告別巻1号(1996年3月発行)岡山県自然保護センターのトンボ類
岡山県自然保護センター研究報告第6号(1998年12月発行)岡山県自然保護センタートンボ目 目録への追加
岡山県野生生物目録2009(2009年3月発行)昆虫類(岡山県のホームページ内に直リンク)
▼平成29年度 Update▼
・2017/08/10:トンボ類のトップページを更新した。過去に記録のある種、写真や情報のある種を一覧にまとめた。写真やコメントは類似種との識別ポイントや特記事項とした。スペースの都合上、ほとんどの写真は、全身が横を向くよう回転させてあり、実際の撮影状況とは異なる。掲載種は62種。近年観察例のない8種も含め、そのまま掲載した。なお1996報告のモートンイトトンボは掲載しない。紙面上の報告のないアオモンイトトンボ、タイリクアカネについては赤字で特記した。1998報告のオオエゾトンボはエゾトンボとして記載し、理由を特記した。近年確認例のないルリボシヤンマ、オナガサナエ、アオサナエ、コヤマトンボ、アキアカネ、ミヤマアカネ(いずれも1996報告)については、通常センターで観察出来る可能性が低いと思われ、背景を[灰色]とした。タイリクアカネ、コフキトンボについては一時的な飛来確認と思われ、これらについても通常センターで観察出来る可能性は低く、背景を[灰色]とした。その他の背景色については[科名:黄緑色]、[♂:水色][♀:桃色][♂♀同時表示:肌色]とした。

自然保護
センター
website >
 webサイトはこちら!スマホ、アイフォンの方はこちらから!
スマホ、アイフォンなどからのアクセスはこちらから! 
このページの先頭へ